最新刊『鳥越第一産婦人科院長殿』告知2







 さて、しつこいと思われるかもしれないでしょうが、最新刊『鳥越第一産婦人科院長殿』の話題なのである。

 今回はKindleアンリミテッドに登録しているので(それに合わせて前作『すごい面接』も再登録した)、Amazonプライム会員の皆様方には、読み放題サービスで読めるようになっております。

 日々の販売数もそうですが、この読み放題サービスの数値もなかなか侮り難く『買うまでとは思わないけど、読み放題サービスの範囲内だったらいいか』という層にアピールできているようです。

 今回は『変格探偵小説創作集』と銘打っているので、ぜひTwitter上でも同ジャンルのファンに情報を拡散して頂きたいのですが、ここで欲しがり屋さんになってはいけない。

 『呉エイジと関わったら火傷しそうだな』とか『こなきじじぃのように絡みついてきそうで面倒くさい』とか思われたらアウトなのである。

 じっと我慢して、同好の士の口コミを期待しつつ、この本の良さが広がってくれるのを祈る日々なのだ。

 発売からここまで、好意的なお声を頂いた。批判的な声が見えないのは、きっと探偵小説を愛する人々は『大人』なのだろう。わざわざ『変格探偵小説を馬鹿にしやがって』とは私に向かって直接言わず、鼻で笑って終わり、なのだろう。

 私なりに『変格探偵小説』の愛は形にできた、と思っているし、第二弾に向けて何本か形が見え始めている。

 今回はネットで見つけた短編集についてのお客様からの声を書きとめ、読むのをためらっていらっしゃる方々に興味を持っていただこう、というのが主旨である。

 〜呉エイジ『鳥越産婦人科院長殿』感想。Kindle本。同じフレーズを繰り返す手法が活きる表題作、結末を描ききらず読者の想像に委ねることによって身もだえさせる「無責任と真面目男」、遊園地の着ぐるみのアルバイト中にある"快楽"を覚えてしまう「ぬひぐるみ物語」といった短篇6作を収録。変格"ものの入門書的に読んでみた(乱歩オマージュはさすがにわかる)。持ち味であろう軽やかな文章がちょっと浮いているのではと感じる箇所もあったけど、どれも愉しめた。それに100円で読めちゃうんだよお得だね!(宣伝)〜

 『無責任と真面目男』が作者の意図ズバリ。相当な読み手さんだ。帯で謳った『エロ グロ ナンセンス』のナンセンス担当の短編だが、狙いはまさしく『あっ、物語はここで終わってるけど、この後そうするのね』とイメージしてニヤニヤして頂きたかったのが作者の狙い。

 〜 「何度も呟いたから」を読みました。2人の温度差がポイントかと思いきや予想外の伏線からの追い詰めが面白かったです〜。「無責任と真面目男」を読みました。現代の会社のイメージで読んでしまったので、登場人物の口調に違和感を感じましたが「オチ」は面白かったです。笑 続けて「ば・れえん・たいん」を読みました。この作品は「無責任と真面目男」と逆に、この後が気になる終わり方でした…じ、実話…だったり…? いよいよラストの「鳥越第一産婦人科医院長殿」を読みました。人の持つ想像力と創造力が楽しめました。さて、読み終わってしまったので次の作品を「早目」にお願いします。笑 呉先生へ〜

 あまり普段読書をしないらしいフォロワーさんからですが、全部読んで貰えたようで作者感涙です。

 〜呉エイジ『鳥越第一産婦人科院長殿』読了。変格探偵小説に捧げる讃歌、読んでいて「ああ、これこそは……」と何度思ったか。個人的お気に入りは、不木作品を彷彿とさせる表題作と、再読して「そこか!」と膝を打った『無責任と真面目男』、横溝+乱歩的な、皮肉な結末が素晴らしい『ぬいぐるみ物語』オウムの証言からの展開が印象的な『何度も呟いたから』もいい。〜

 ツボを突きまくりの的確な評。ここまで狙いを汲んで頂ければ、こちらが『いやん』と声が漏れるレビューである。

 〜じっくり日にちをかけて味わうつもりが一気に読んだ。「ぬひぐるみ物語」が一番好み。『我が妻との闘争』の軽妙なイメージが強い呉さんだけど、濡れ場の描写にしっかり興奮させていただきました。「私に入ってきた」って表現が好きなんだと気付いた。【余計な告白】〜

 そうなんですよ。まだお読みでない貴方。今回は『濡れ場』描写があるのですよ。しかし『それで売り上げが伸びるのではないか?』という下心は全くありません。この作品に不可欠である、と思ったので書いてみたのです。

 〜ふとしたことから読んでみたが、著者がマックピープルの「我が妻との闘争」の人と知って驚いた。著者の変格探偵小説に対する愛が感じられる短編集。最後の「あるまじき錯誤」からあとがきへの流れが強烈なインパクト。〜

 これは嬉しい。今回の短編集の中で、一番の労力とリスクをかけた(笑)自信作『あるまじき錯誤』が、ほとんどの方に黙殺される中、ようやく取り上げて頂き感無量でございます。

 どうでしたか? このブログを読んで、少しでも貴方の心の琴線に引っかかる物があれば、ぜひポチりとお願い致します。




いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

最新刊『鳥越第一産婦人科院長殿』告知




 本日3月15日。私の最新短編集『鳥越第一産婦人科院長殿』がようやく完成し、Kindleストアに並びました。




 四ヶ月ほどかかりましたね。読み返してみて『なかなかいいのが出来た』と思っております。

 私が若い頃読みふけった、江戸川乱歩、横溝正史、夢野久作、その他、変格探偵小説を書くマイナーポエットの作品達、そういう作品に捧げる愛に満ちた返歌であります。

 それぞれの思い出は『あとがき』に書いておりますので、ここではそれ以外の、この本にまつわるお話などを。

 私は文章を書くことも好きですが、読むことも大好きです。で、自然と書く物は吸収してきたものが反映されるわけで、今回はエロ・グロ・ナンセンス、昭和初期の変格探偵小説の創作集を纏めてみました。

 形にする、ということは、私が読んで今一番楽しい物、になるわけで、同好の士にはきっと喜んで頂ける内容になっているのではないか、と思っております。

 反対に『我が妻との闘争』のような感じをお求めのお客様には、ちょっと違う。と思われてしまうかもしれません。感想が楽しみでもあり心配でもあります。

 一本目『何度も呟いたから』これは笑いとミステリーを融合してみようと試みた短編です。タイトルが本文中に出てくるのですが、どこにどう配置したか、が作者のミソになります。

 二本目『鳥越第一産婦人科院長殿』これは変格探偵小説ではお馴染みの、偏執的な狂人の一方的に送られてきた書簡体です。声を高らかに相手の都合も関係なく一方的にまくしたてる状況を「あー、きたきた」と喜んで貰えれば幸い。これは私が考える変格探偵小説の『必殺の型』であります。

 三本目『ぬひぐるみ物語』これは『ねっとり書いてみよう』と思いながら組み立てまして、過剰な独白が事件の構図の先読みを隠蔽する効果も狙って書いています。

 四本目『無責任と真面目男』喋りが上手の世渡り上手な男が会社にもいます。適当にやってても強引に、軽薄に言いくるめてしまう。そういう相手への憎しみが、幾分加味された内容になっています。

 五本目『ば・れえん・たいん』ここで弁明しておきますが、私はホモではありません(笑)色白でショートカットで巨乳な女性が大好きです。

 六本目『あるまじき錯誤』これは絵解きの時、皆さんに「あーあ」と言いながら苦笑いして頂きたい一篇。書き上げてしばらくたって自分で読み返してみて爆笑したので、多分品質的には大丈夫でしょう(当社比ですが)。

 あー、でもこれは前作『すごい面接』よりは売れないだろうなー。物凄く偏った内容ですしね。『すごい面接』は今でも『ビジネスマナー』のランキングで50位以内をキープしており、これから毎春、新卒の方々が『面接』で検索し、間違って買ってくださる、という『我が妻との闘争』に続く第二の収入柱になってくれると思うのです。

 それでも出さずにはいられませんでした。これを書いたということは、これが私の一番読みたい本、だと思いますし、Twitter等で私の読書感想ツイートを目にされた方が「あの手の本を読んでいる呉さんなら、もしかして私の興味に引っかかるかも」という興味で手にとって頂けたら幸いです。




いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

伊藤智恵理 HELLO




伊藤智恵理 HELLO
発売日 1987年12月9日
型番 32DH 851

01.Winter Wonderland
02.トキメキがいたくて
03.彼のダイアモンド
04.ルージュ
05.雨に消えたあいつ
06.Merry Christmas
07.辞書の最後のページ
08.大切な気持ち
09.魔法をかけて
10.パラダイス・ウォーカー

 ポツポツと週に年間平均二回の休みを使い、時々嫁さんに用事を挟まれ一日を潰し、やっと一日自由時間が取れた! と思ったら、前日の残業の疲れがブワーッと襲ってきまして爆睡。

 それでも昨年の11月から取りかかり始めて、漸く終わりが見えてきましたよ。Kindleの短編集作業が。

 調子のいい時に執筆して、なんとか80%、いや75%、いや70%かな。

 前回の「すごい面接」は『我が妻との闘争』以前のKure`s HomePageのテイストが濃い、笑いも意識した作品集でしたが、次のは趣味全開でいかせて頂きました。

 変格探偵小説創作集であります。タイトルはもう少ししてから発表します。なかなかいいのが仕上がってます。

 多感な頃に読んで感銘を受けた、江戸川乱歩、夢野久作、その他、新青年作家のマイナーポエット作品全般に捧げる作品集となっております。

 全五本の予定でしたが、作業中に増えまして六本入りの作品集になりそうです。創作というものは面白い物で、一つ完成してしまうと、その作品を越えたい衝動に駈られ、脳味噌の違う所が活性化し、ムクムクと新作のアイデアが立ち上がって、いつまでも単行本が完成しない、という状況に陥ってしまうことがあります。

 今回は趣味全開、ということもあり、ホームコメディの味は全くございません。マニアックすぎて、もしかしたら十冊くらいしか売れないかもしれませんが(笑)

 自分に鞭打つ意味を込めまして、作品のダイジェストを皆様にご紹介したいと思います。

 1「何度も呟いたから」完全犯罪を成し遂げた犯人の家に訪れる、被害者の弟と友人の探偵。弟は姉を殺した犯人は義兄だと睨んでいる。しかし義兄にはアリバイが。会話に割り込んできたのは部屋で飼っていたオウム。何度も復唱していたせいか、犯行計画をオウムが喋りだしてしまう。必死に取り繕う義兄。(完成しています。漫才のコントにならないように書いた、お笑い融合の犯罪小説)

 2「鳥越第一産婦人科院長殿」延々と続く偏執的な男の独白。呪詛の手紙はいつしか読んでいる鳥越院長の大切な人間に魔の手が及び…。(完成しています。私の考える『変格探偵小説』を具現化した作品です。)

 3「ぬひぐるみ物語」容姿に自信のない醜男が、行く先々でいじめられ、ようやく見つけた天職とも言える仕事。それは遊園地のきぐるみに入る仕事であった。現実世界ではあり得ない笑顔で触れてくる沢山の人々。男の想いはエスカレートし…(未完成です。難航しています。醜男のこれまでの迫害の独白が、乱歩のような、ねちっこい味が出れば狙いは達成なのですが…)

 4「無責任と真面目男」江戸川乱歩「ぺてん師と空気男」のタイトルに捧げるオマージュ。対照的な二人の会話劇の結末は…。(完成しています)

 5「ば・れえん・たいん」小酒井不木『屍体蠟燭』を換骨奪胎した掌編。唯一クリエイターサイト「note」で発表済み。

 6「あるまじき錯誤」届かぬ愛に諦めがつかない少年は、想いを寄せる少女の検便を盗もうと画策し…。(完成しています。私が考える最上級の『イヤミス』を形にしてみました)

 異常……、もとい、以上ザッと書き出してみましたが、マイナーな作品集ですなぁ(笑)。物凄くニッチな層にお届けする短編集になりそうです。

 変わったものがお好きな方、ぜひ発売日にはポチり、とお願いいたします。




いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

高岡早紀 S'Wonderful

SWonderful


高岡早紀 S'Wonderful
発売日 1991年9月21日
型番 VICL-226

01.悲しみの女スパイ
02.M
03.Top Secret
04.スパイになりたい
05.恋はいつも愚かなもの
06.ペテン師バッドムーン
07.寒い国のジゴロ
08.東京チューチュー
09.Ni-ya-oo

 2017年あけましておめでとうございます。会社から帰りまして、取り敢えず食事、風呂を済ませ、二階へ駆け上がって参りましたよ。三が日仕事でしたから。明日からようやく休みの社畜ですよ。

 今年の抱負を書き残しておきましょう。『よく読んで よく書く』これは毎年そうなのですが、今年は更に『自費出版してみたい』の項目を一つ増やしておきましょう。

 昨年はなんとか一冊、電子書籍でKindle『すごい面接』を出すことが出来ました。これがすごい充実感で、やっぱり何か書き、リアクションがある、というキャッチボールは一生辞められまへんな、ということを痛感した次第であります。

 そして昨年はTwitterを通じて木魚庵さんの『金田一耕助自由研究』を三冊買ったり、小野家由佳さんの『結城昌治読本』を買ったり、と、個人誌の魅力、というものに改めて接し、自分でも出してみたい。という熱き想いに駆り立てられたのであります。

 課題は山積みですよ。皆さんはどういうアプリで、どうやって作ったのか? というのをこれから色々調べていかねばなりません。そうして製本して、東京の金平の家に遊びにいく時に(ホテル代を浮かす、とも)東京の文学フリマで売ってみたい、という妄想を育んでおるのでございますよ。変格探偵小説関係の本を作ってみたいですね。

 四捨五入したら五十ですしね、いつポックリ逝くとも、身体にガタがくるとも限りません。目標を持って今年からは趣味も遊びも遂行していきたいですね。

 それでは本年もどうぞ、呉エイジと、この『だめなやつら』をどうぞ御贔屓に。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

少女隊 P-CAN

can


少女隊 P-CAN
発売日 1987年12月5日
型番 CT32-5063

01.BREAK AWAY
02.MERRY CHRISTMAS IN THE KISS
03.OK! IT'S GOOD
04.DON'T WORRY
05.SAKASAMA
06.STEPPIN' CLUB
07.TAKE THE FREE
08.HURRY UP!
09.FROM SANTA CLAUS VILLAGE
10.NEXT CHANCE
11.KISS THE PARADISE
12.CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU

 気が付けば大晦日であります。今年も一年、これを読んでくださっている貴方とはお目にかかったことはありませんが、お互い元気に過ごせてなによりでしたわね。

 Twitterでは今年一年の「思ひ出」を呟いたのですが、あれは水洗便所のように流れていってしまいますので、ここへ日記代わりに保存しておこうかと思います。

「呉エイジの物で振り返る2016」シリーズと題した呟き。今年も禁煙のおかげで浮いた小遣いは、ほぼ本や物に変わりました。

C0kmt88VEAAqSKx.jpg

 まずは今年一番聴いたCD新譜部門。ZARDの四枚組ベストです。これは本当に音質が良く、部屋のお気に入りスピーカー、ボーズ301でもいい音を鳴らしてくれました。エンジニアの方の説明が興味深く、本当はディスク一枚にもっと曲数を入れることは可能だったのですが、一枚にデーターを詰め込み過ぎると音質が悪化するので、空き容量の余白を意識した選択であった、というプラシーボのような話なのですが、プロの現場での発言なので、これは本当にそうなのでしょう。

 おかげで確かによい音質でした。今年は他にもチューブの四枚組ベストも買いましたが、CDで音楽を聴く、という行為が終焉を迎えつつある、ということを痛感した一年でもありました。欲しい新譜はもう通販で買わないと駄目なのでしょうね。

C0kng61VQAAqNlo.jpg


 続けてリマスターされた佐野元春、私の偏愛する一枚「タイムアウト!」であります。これは不当に評価が低い一枚で、暗いイメージのジャケット、ホーン隊を抑えた音作り、キラキラしたシンセを廃しバンドサウンドを追求した一枚というコンセプトのおかげで地味なイメージが定着してしまいましたが、個々の楽曲は「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」よりもポップでメロディの質も圧倒的に高い。

 デビューの頃のバラード「君を待っている」躍動感溢れる「ビッグタイム」ビートルズのリボルバーマナーな一曲「彼女が自由に踊るとき」極上のピュアポップス「恋する男」このアルバムのセールス的な停滞が、佐野元春ヒストリーの中でも大きな岐路になったのは間違いない。ヒットチャートに決別して、今に続く「佐野ロック」の道標になった一枚。贅沢な曲が並ぶ名盤であります。

C0koRNTUkAAmrIR.jpg

 佐野元春関連が続きますが、35周年ライブのブルーレイです。仕事が忙しくてまだ通して観ていないのですが、これはまた機会があればゆっくり語ります。2016年は相棒の金平と浜田省吾のライブに初参戦したりと、16の頃、お互い机を並べて同人活動をしていた時に鳴っていた音楽を再訪する、という記念すべき年となりました。浜田省吾のライブはあとから感動がジワってきまして、高校生のあの日以降、いろんな物を吸収してきましたが、結局は三つ子の魂百まで。多感な頃に熱中したものに帰り、自分が生み出す物も、その頃に関連したものになっているなぁ、ということを実感しております。

C0krdy4UAAEsj2K.jpg
C0kt4Q_VQAA5lUn.jpg
C0kuwe2UUAAl6uY.jpg
C0kwgTTUUAAD09V.jpg
C0kyAVKVQAAsQ7M.jpg
C0kzFqxUoAAsz3C.jpg


 そうして今年も買ったわ買った。探偵小説関連の本です。探偵小説の復刊に関しては、年々良くなっている気がするなぁ。いい時代になりました。どの本も買って満足するものばかりでした。


C0k0dXbUQAEbu4E.jpg
DSC06507.jpg
DSC_0530.jpg
DSC_0381.jpg
DSC06987.jpg

 そして相棒の金平の新刊「金平でした」ホッチキスで学生の頃個人誌を作っていたあいつは、ここまで成長しました。熟練の一冊です。モノとしてまずいい出来です。その金平とブラブラした一年でありました。

 あいつはそれほど好きでもない城へ無理矢理連れ回し(笑)日本人なら日本の史跡を一回は見とけ、という調理論のもと強引につれまわした一年でした。過酷な仕事を離れ、店を周り、城を巡り、その土地のアパホテル(笑)に泊まって、日本中のご当地グルメを味わう。そんな余生がいいです。

 下で嫁さんが叫びはじめました。「大晦日なのにどんだけ部屋にこもっとるんじゃ!」と言うております。それでは皆様良いお年を!
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ