スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高岡早紀 S'Wonderful

SWonderful


高岡早紀 S'Wonderful
発売日 1991年9月21日
型番 VICL-226

01.悲しみの女スパイ
02.M
03.Top Secret
04.スパイになりたい
05.恋はいつも愚かなもの
06.ペテン師バッドムーン
07.寒い国のジゴロ
08.東京チューチュー
09.Ni-ya-oo

 2017年あけましておめでとうございます。会社から帰りまして、取り敢えず食事、風呂を済ませ、二階へ駆け上がって参りましたよ。三が日仕事でしたから。明日からようやく休みの社畜ですよ。

 今年の抱負を書き残しておきましょう。『よく読んで よく書く』これは毎年そうなのですが、今年は更に『自費出版してみたい』の項目を一つ増やしておきましょう。

 昨年はなんとか一冊、電子書籍でKindle『すごい面接』を出すことが出来ました。これがすごい充実感で、やっぱり何か書き、リアクションがある、というキャッチボールは一生辞められまへんな、ということを痛感した次第であります。

 そして昨年はTwitterを通じて木魚庵さんの『金田一耕助自由研究』を三冊買ったり、小野家由佳さんの『結城昌治読本』を買ったり、と、個人誌の魅力、というものに改めて接し、自分でも出してみたい。という熱き想いに駆り立てられたのであります。

 課題は山積みですよ。皆さんはどういうアプリで、どうやって作ったのか? というのをこれから色々調べていかねばなりません。そうして製本して、東京の金平の家に遊びにいく時に(ホテル代を浮かす、とも)東京の文学フリマで売ってみたい、という妄想を育んでおるのでございますよ。変格探偵小説関係の本を作ってみたいですね。

 四捨五入したら五十ですしね、いつポックリ逝くとも、身体にガタがくるとも限りません。目標を持って今年からは趣味も遊びも遂行していきたいですね。

 それでは本年もどうぞ、呉エイジと、この『だめなやつら』をどうぞ御贔屓に。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。
スポンサーサイト

少女隊 P-CAN

can


少女隊 P-CAN
発売日 1987年12月5日
型番 CT32-5063

01.BREAK AWAY
02.MERRY CHRISTMAS IN THE KISS
03.OK! IT'S GOOD
04.DON'T WORRY
05.SAKASAMA
06.STEPPIN' CLUB
07.TAKE THE FREE
08.HURRY UP!
09.FROM SANTA CLAUS VILLAGE
10.NEXT CHANCE
11.KISS THE PARADISE
12.CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU

 気が付けば大晦日であります。今年も一年、これを読んでくださっている貴方とはお目にかかったことはありませんが、お互い元気に過ごせてなによりでしたわね。

 Twitterでは今年一年の「思ひ出」を呟いたのですが、あれは水洗便所のように流れていってしまいますので、ここへ日記代わりに保存しておこうかと思います。

「呉エイジの物で振り返る2016」シリーズと題した呟き。今年も禁煙のおかげで浮いた小遣いは、ほぼ本や物に変わりました。

C0kmt88VEAAqSKx.jpg

 まずは今年一番聴いたCD新譜部門。ZARDの四枚組ベストです。これは本当に音質が良く、部屋のお気に入りスピーカー、ボーズ301でもいい音を鳴らしてくれました。エンジニアの方の説明が興味深く、本当はディスク一枚にもっと曲数を入れることは可能だったのですが、一枚にデーターを詰め込み過ぎると音質が悪化するので、空き容量の余白を意識した選択であった、というプラシーボのような話なのですが、プロの現場での発言なので、これは本当にそうなのでしょう。

 おかげで確かによい音質でした。今年は他にもチューブの四枚組ベストも買いましたが、CDで音楽を聴く、という行為が終焉を迎えつつある、ということを痛感した一年でもありました。欲しい新譜はもう通販で買わないと駄目なのでしょうね。

C0kng61VQAAqNlo.jpg


 続けてリマスターされた佐野元春、私の偏愛する一枚「タイムアウト!」であります。これは不当に評価が低い一枚で、暗いイメージのジャケット、ホーン隊を抑えた音作り、キラキラしたシンセを廃しバンドサウンドを追求した一枚というコンセプトのおかげで地味なイメージが定着してしまいましたが、個々の楽曲は「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」よりもポップでメロディの質も圧倒的に高い。

 デビューの頃のバラード「君を待っている」躍動感溢れる「ビッグタイム」ビートルズのリボルバーマナーな一曲「彼女が自由に踊るとき」極上のピュアポップス「恋する男」このアルバムのセールス的な停滞が、佐野元春ヒストリーの中でも大きな岐路になったのは間違いない。ヒットチャートに決別して、今に続く「佐野ロック」の道標になった一枚。贅沢な曲が並ぶ名盤であります。

C0koRNTUkAAmrIR.jpg

 佐野元春関連が続きますが、35周年ライブのブルーレイです。仕事が忙しくてまだ通して観ていないのですが、これはまた機会があればゆっくり語ります。2016年は相棒の金平と浜田省吾のライブに初参戦したりと、16の頃、お互い机を並べて同人活動をしていた時に鳴っていた音楽を再訪する、という記念すべき年となりました。浜田省吾のライブはあとから感動がジワってきまして、高校生のあの日以降、いろんな物を吸収してきましたが、結局は三つ子の魂百まで。多感な頃に熱中したものに帰り、自分が生み出す物も、その頃に関連したものになっているなぁ、ということを実感しております。

C0krdy4UAAEsj2K.jpg
C0kt4Q_VQAA5lUn.jpg
C0kuwe2UUAAl6uY.jpg
C0kwgTTUUAAD09V.jpg
C0kyAVKVQAAsQ7M.jpg
C0kzFqxUoAAsz3C.jpg


 そうして今年も買ったわ買った。探偵小説関連の本です。探偵小説の復刊に関しては、年々良くなっている気がするなぁ。いい時代になりました。どの本も買って満足するものばかりでした。


C0k0dXbUQAEbu4E.jpg
DSC06507.jpg
DSC_0530.jpg
DSC_0381.jpg
DSC06987.jpg

 そして相棒の金平の新刊「金平でした」ホッチキスで学生の頃個人誌を作っていたあいつは、ここまで成長しました。熟練の一冊です。モノとしてまずいい出来です。その金平とブラブラした一年でありました。

 あいつはそれほど好きでもない城へ無理矢理連れ回し(笑)日本人なら日本の史跡を一回は見とけ、という調理論のもと強引につれまわした一年でした。過酷な仕事を離れ、店を周り、城を巡り、その土地のアパホテル(笑)に泊まって、日本中のご当地グルメを味わう。そんな余生がいいです。

 下で嫁さんが叫びはじめました。「大晦日なのにどんだけ部屋にこもっとるんじゃ!」と言うております。それでは皆様良いお年を!

芳本美代子 YESTERDAY'S




芳本美代子 YESTERDAY'S
発売日 1987年12月16日
型番 30CH-287


01. スカイ・エスケイプ
02. 複雑なセレナーデ
03. 涙のイヤリング
04. 冬の街
05. 青春?
06. FREAK-OUT
07. パッショネート・ドリーマー
08. INFORMATION-18(エイティーン)
09. YOU’RE MY LIFE
10. 鍵のないダイアリー

友がまた本を出しましたよ!



 今年に入ってから鬼のような発刊ペース。私もこれから読みますですよ。



いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

森川由加里 SHOW ME




森川由加里 SHOW ME
発売日 1987年12月5日
型番 32FD-1088


01. SHOW ME
02. BABY TALK
03. くやしまぎれのDOWN TOWN
04. YOU KNOW I LOVE YOU
05. 眠らないままで
06. GIVE ME AGAIN
07. 雨のカルメン
08. TOGETHER
09. マクンバ
10. THE RIGHT COMBINATI


 友がバンバンKindle本を出しているので、こっちも火が付いているのである。あぁ、もっと時間が欲しい。ちんかすのような仕事に毎日出て行きたくない。でも食べなくてはいけない、家族を幸せにせねばならない。

 そのせめぎあいだ。創作は私の心の精神的バランスを保ってくれている。

 呉工房第一弾『すごい面接』は無事完成した。今は8bitNOWの四国篇と我が妻との闘争の最終話までを纏めたKindle本をポツポツやっているのだが、それとは別に『変格探偵小説』の本を出したくてウズウズしている。

 実作が三作(ネタはある)と変格探偵小説、主に鮎川哲也編集の『怪奇探偵小説集』のレビューの本だ。

 今回は自分の尻を叩く意味で一本レビューを書いてみた。こういうレビューと自分の長年の研究の成果、変格探偵小説の実作を世に問うてみたいのだ。ものすごくニッチな層に向けた本だが、Kindleこそ向いた媒体だと思うのだ。

 それでは今回は村山槐多『悪魔の舌』レビューである。


〜主人公の家に電報が届く、差出人は友人の詩人からで、内容はさっぱり要領を得ない。その詩人のことを思い出す。ある宴会で知り合った詩人は、変わった唇をしていた。

 考えながら詩人の家を目指す。すると家の周辺には警官が。どうやら詩人は自殺したらしい。

 『クダンサカ301カネコ』この電報はなんなのか。数字を元に九段坂の溝蓋を数える。301番目の隙間に紙包みを見つける。

 そこには手記が残されていた。この手記を読む頃には私は死んでいることだろう。

 そして語られる幼少の頃からの奇癖。そしてエスカレートしていく食欲。人肉を食べてみたい、という抑えきれぬ衝動。

 彼は最後に何を食べたのか、そして何故自ら命を絶つ羽目になってしまったのか。

 変格探偵小説のお手本のような短編である。早熟、早世の天才は、短編一つとっても専業作家に引けを取らない堂々とした作を物した。

 形式的に最後に明かされる『自殺のキッカケとなった食物』を、前半でさりげなく配しているところが良い。大半のこの手の作は、奇妙な一人語りのまま終わり、手記の受け手の感慨で物語りを閉じる物が多いのだが、この作はそこへ更に一ランク上のサプライズを設定し、ショッキング効果を高めている。凡作と一線を画す所以である。

 予言された『この子は悪い死に方をする』というシンプルな警句が、短い言葉だけに不気味さを更に引き立てている。『悪い死に方で済んでいない死に方』であるからだ。この占い師が見たものを想像してみるがいい。トーンを落としてしか伝えようのない悲惨な未来を、親族に告げる心苦しさを。

 そうして簡潔ながらも粘着質な文体。

〜実にその唇は偉大である。まるで緑青に食われた胴の棒が二つぶつかったようである。そして絶えずぴくぴく動いている。〜

 といった具合。突拍子も無い行動にリアリティを持たせるには、説得力のある文体、語り口が不可欠である。

 この作では段階的に、土壁から始まり、みみず、なめくじなどを食すシーンが描かれる。食べる、という行為は『幸福感』を伴うものだが、そこへガマや腐った野菜、という食感を読み手にぶつけていく、毛虫などの食べにくさや、両生類のぬめぬめした喉越しで『幸福感』とは真逆の『気持ち悪さ』という心の動きを演出していく。そしてそれは表題でもある『悪魔の舌』のみが喜ぶべき食物であり、それを読んで次第に沸き上がる読み手の嘔吐感が『悪魔の舌の喜ぶべき食物』というリアリティの担保になっているのだ。

 そうして詩人の告白は、遂に埋葬されたばかりの、電車に轢かれてバラバラになったまま棺桶に入れられた若い女性の遺体に巡り会ってしまう。

 そこで詩人は頬の肉と乳房を切り取って持ち帰ってしまう。乳房だけでは当然すぎて弱い所を、村山槐多はピンポイントで『頬の肉』をチョイスし、二つの食感を読み手に連想させ、悪魔の舌が美味に打ち震える様を描いてみせる。乳房=エロ、頬の肉=グロ、という小道具の使い方になるが、頬肉という所に村山槐多の上品で詩的なフェティシズムを感じる。

 この一連の手記が事実なのか、カニバリズムで狂ってしまった男の妄言なのか、判断材料は、検死で詩人の舌に『針の奇形』が認められることが分かるので、ほぼ真実を語った手記なのだろう、という想いを巡らせる余韻で物語は終わる。幻想譚にせず作者は怪奇譚として物語を閉じたのだ。〜





 このようなレビューと実作、なんとか纏めてみたい。頑張れ自分。




いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

高岡早紀 S'Wonderful

S'Wonderful


高岡早紀 S'Wonderful
発売日 1991年9月21日
型番 VICL-226

01.悲しみの女スパイ
02.M
03.Top Secret
04.スパイになりたい
05.恋はいつも愚かなもの
06.ペテン師バッドムーン
07.寒い国のジゴロ
08.東京チューチュー
09.Ni-ya-oo





 本日、我が家は3D元年であった。前から気になっていたVRメガネを買ってみた。一番安い段ボール製のやつだ。

img_20161015231734.jpg

 ゴムバンドで頭部を固定する。レンズはスマホを挟んで見るためのものだ。

img_20161015231743.jpg

 スマホの画面は大きければ大きいほどいいようだ。私のiPhone6プラスは丁度ぴったりのサイズであった。

 そしてアプリは検索時に『VR』と入力したら、ローラーコスターのアプリがヒットするだろう。そして用途はアプリだけではない。なんとYouTubeでも『VR動画』と検索すればヒットする。そしてムービーにメガネのアイコンが出たらクリックしてみよう。

img_20161015231933.jpg


 そうすると二画面に分割される。その状態で装着すればVR空間が手軽に味わえるのだ。


img_20161015231814.jpg

 YouTubeの方は驚いた。クイックタイムムービーの概念しか持ち合わせていなかったので、ムービーが時間とともに進むのに、右や左を向けば、ちゃんと3D空間内でも見渡せるのだ。きっと魚眼の特殊レンズで特別な形式の、一度に広範囲を撮影しているデーターだから可能なのだろう。

 嫁さんや長女ちゃん、次男ちゃんを椅子に座らせて、ヘッドフォンを付けて体験させてみた。嫁さんは半泣きでギャーギャーと泣き喚いていた。絶叫マシンが大の苦手なのである。日頃の恨みを晴らしてやった。

 子供達も『すごーい』と大受けであった。お父さん人気者の巻、である。

 スマホを持っていて、これくらいの投資なら痛くも痒くもないだろう。あなたもどうです? 3D元年。






いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
フォトヒト
2012年デジイチデビュー

PHOTOHITOブログパーツ

家の本棚
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。