FC2ブログ

武田鉄矢『刑事物語』考



 この作品、名作なのだが今ではなかなかデリケートな問題を孕み、ひと昔は何度もテレビで再放送されたにも関わらず、幻の作品となりつつある。





 この度、シリーズ五作のディスクを入手し(四作目まで鑑賞)すっかり細部の記憶が抜け落ちていることに驚きと、再発見による想いがあったので書き残しておく。

 デリケートな問題、というのはヒロインが聾唖者である、ということと、摘発する舞台がトルコ風呂、今で言うソープランドを舞台にしている、ということ。ヌードの女性もバンバン出る。そんな映画が二十年前ではロードショーで家族団欒の時間に流れたのだから、のどかな時代であった。

 本作を見るには2〜4のボックスセット、ボックスからは外れて単体で出ている一作目を揃える必要がある。

 まず現在のコンプライアンスに照らし合わせてみても、昭和の常識、令和の非常識という具合で、話すことが出来ないヒロインに脇役は『まぁ可哀想に』と平気で声をかける。私自身も昭和からアップデートしなくてはいけない面がたくさんある。

 ご近所の同世代が(五十代)おめでた、というニュースを最近嫁さんから聞いた。上の子は成人に近い。それを聞いて昭和コンプライアンスの私は『わお、大変だ』と嫁さんの前で口走ってしまったのだ。

 それを聞くや否や嫁さんは私の胸ぐらを掴むかのような勢いで鼻まで顔を近づけ

「ええか、死んでも町内会でそんな言葉発するなよ。大変な命、なんてあらへんねん。絶対に、わぁおめでたい、って言えよ。この町内住まれへんようになるど。言うたらぶっ殺す」

 と、アンタのその暴言の方がコンプライアンスアウトやがな! と思いつつも、そんな身も蓋もない感想を向こうのご夫婦が聞いたら、やはり傷付くであろうな、と反省することしきりなのであった。

 それに風俗店がトルコ風呂、これもトルコの名誉を貶める国辱であろう。そんな時代だったのだ、平気で『土人』とか『インディアン』とか何も考えず口にした時代。

 そういう問題も含み、なかなか観る機会の減った本作だが、やはり一時代を築いた傑作であり、埋もれさせるには惜しい作品なのである。セールスポイントを書き出してみよう。

・背景となる昭和の街並みや商店街が意外に多く映り、活気が伝わる。シャッター商店街になる前の元気な日本。

・やりたくても恥ずかしくて誰もやらなかったカンフーアクション(それも蟷螂拳!)を真正面から取り上げた。結果、それは当時ジャッキーチェン映画に飢えていた大多数の支持を得ることに成功した。ハンガーヌンチャクという分かり易いアイコンの創造という天才性も発揮した。

・吉田拓郎にこの作品のために依頼したシリーズ通してのテーマ曲『唇をかみしめて』が、とんでもない神曲。

・過剰に画面を埋めるおっぱい。

・最後に全て持っていく、夕日をバックにした田中邦衛の怪演。

 見所だらけである。このシリーズ、刑事が転勤しながら、その街に溶け込み、惚れられて胴長短足なのに無敵で、美女にもバンバン接近され、荒唐無稽であり、冷静な頭で考えれば、この映画のオチは、殉職し死ぬ寸前の片山刑事の見ている夢、としか有り得ないのだが、男の憧れを全て具現化した夢のあるシリーズであった。

 刑事が転勤を繰り返すアクション人情噺、という優れたフォーマットであったが、僅か五本で終了した。敗因は個人的に思うところはある。途中からカンフーが恥ずかしくなってきたとか。そう言う面ではシリーズ三作目が最高傑作である。迷走している面も通して見れば気がつく。

 さて、優等生的な紹介はここまでにして、いよいよ本題に取り掛かろう。この映画の奥底にある男の執念、歪んだ願望を書き連ねてみようと思う。面白いのでどうか最後までお付き合い頂きたい。

 この作品の中盤に片山刑事(武田鉄矢)は聞き込み潜入捜査、と称してトルコ風呂へ客として入店する。そこで姫子というトルコ嬢が出てくるのだが、この巨乳な女優、今の若い方にはピンとこないだろう。宇田川智子という。

 本作の二、三年前に金八先生シリーズ1で保健体育の教師として共演歴があるのだ。

 そういう目で見れば『教師二人が裸で抱き合っている』という妄想も逞しくなろう。もしも、だ。その共演の時、武田鉄矢が『うわ、服の上からでも胸でかいな』と悶々としていたとしたらどうだろう。意中の共演者、というわけだ。

 私もいる。会社に巨乳の女性事務員がいる。横目で、鹿並みの視野角でつい胸元を見てしまう。

 そういう拗れた想いを実現するために、男ならどうするであろうか。正直に口説く、これは男前なら通用するだろう。しかし共演者全員の方が男前に見えるこの映画である。当時でも人気者ではあったろうがこの正攻法では難しい。

 金に物を言わせる。これもプライドの高い女優が端た金を握らされたくらいでは一夜を共にすることなど無理であろう。

 鉄矢は考えた。考えて三年間努力した。努力して勉強した。そうして本作の原作、脚本を完成させたのだ。仕事、として宇田川智子にアプローチした。

 断る権利も向こうにはあっただろう。しかし引き受けている。キャリアを積み上げたい目論見もあったかもしれない。キネマ旬報社の社運をかけた鳴り物入りの映画だったから話題性も充分である。トルコ嬢というキャスティングに眉を顰めたかもしれない。やっぱり私に気があったんだわ、と思ったかもしれない。

 しかし宇田川自身も実際出演前にここまでの演出をされることを予想したであろうか。出演シーンは終始上半身裸で、薄いレースのカーディガンを羽織っただけである。遂に対面した意中の女優の巨乳との対面。自分の欲望ではなく映画の一部、必然性のある場面と称して。

 そこが男として鉄矢を信頼できるところなのである。

 さらに横に座らせただけでは終わらない。脚本は武田鉄矢自身なのだ。あなたウブね、みたいなことを女側に言わせ、前バリは当然付けてはいただろうが、目の前でパンティーを脱ぎ捨てるのだ(画面上お尻丸見え)。そんな演出いる? 過剰演出ではないか。

 自分の欲望を脚本にしたのではない、ウブな刑事の潜入捜査なのだ、という建前を前面に押し出しながら、我慢できず片山刑事は立ち上がり、がっぷり四つ、全裸の宇田川智子を組み敷いて押し倒し、念願の首筋に唇を這わせるのである。

 苦節三年、勉強してよかった。頑張って演出まで上り詰めてよかった。そんな男のロマンを、執念を貴方は感じないだろうか?

 好きな事を隠しながら、委員長という地位を利用し、学芸会の演芸会で『こっちの方が悲しい気持ちが伝わるから』みたいな理由を大声でアピールしながら、好きな女の子の両肩に手をかけて励ます(ただ触りたいだけ)シーンを付け足す、内気な男子、みたいな心情だとは思えないであろうか?

 私はあのシーンを見るたびに、いやいやトルコ風呂に潜入捜査し、トルコ嬢を目の前にして緊張する演技をする武田鉄矢を見ながら『嘘つけ!』と笑いながら毎回喝采を送っているのである。

 シリーズはまだ四作ある。この場でまた、今後不定期に残りの感想も残していこうと思っております。

部屋エステを開発したんじゃ

 上機嫌である。新しいダイエットを考案した。きっかけは長女ちゃんが足に塗っているインドエステジェルを見てからだった。

IMG_20210811215343.jpg





 これは塗ればポカポカして発汗し、脂肪燃焼をサポートしてくれる優れものジェルなのだ。長女ちゃんはふくらはぎに塗っているようだ。

「これを腹に塗ればポカポカして発汗し、皮膚の下の憎きぜい肉に攻撃できるのではないか」

 と考えたのだ。そして以前から愛用している振動ベルトちゃん。

463DB6A4-9593-458F-B8D6-5170DC7B6194.jpeg



 これを併用すれば、家に居ながらにして、エステシャンがジェルを塗った腹を手でシャシャシャとぜい肉を切る動作と同じ効果になるのではないか、と。貧乏でメンズエステに行く金がなかったが、これは同等の結果を生み出すのではないか、と。

 振動ベルトは巻いてボタンを押せばオラオラオラオラ、と腹部に連続シャコパンチが叩き込まれる仕様になっている。実際に塗ってみた。ポカポカしてきたとこをを見計らってスイッチオン。

「おお、これは脂肪を燃やして叩いて砕いてくれている実感がある!」

 そう思えた作戦でした。無駄肉を押し上げて押し上げて、って誰がハート様じゃゴラァ!

ED3E285E-FAF9-48EB-A30C-C8CA43B819D2.jpeg

アイデアメモ

 最近の更新全般を担うようになったiPad Air4ちゃんとMagic Keyboard、Apple Pencilちゃんを導入するまでは、ふと思いついたアイデアを紙のノートではなく、シャープの電子手帳を使っておったのですよ。

F2BAFE21-6D92-480C-8A48-D7EC5102FA86.jpeg

 シャープのWG-S50であります。



 これはこれでね、楽しいマシンなんですよ。シャープらしい、というか。枯れかけた技術でちょっと便利な製品と言いますか。スタイラスペンでアナログ感覚のモノクロ電子ペーパーにメモを取る。

 ページ数を気にすることなく、どんどんメモを書き溜めることができるんです。しかし画面が発光しないので見にくい。こういうところが惜しい。まぁその分驚異的なバッテリー持続力を誇りますがね。

 で、私はアップルの回し者でもリベートを貰えるわけでもないんですが、このiPadの構成。電子メモでもぶっちぎりです。Apple Pencilとメモアプリ。ホント、紙のノートに書く感覚です。そして明るいし見やすい。レスポンスも速い。

 せっかく張り切って導入しましたけどね。シャープの電子手帳。お蔵入り決定ですね(笑)

 メモは大事です。翌日まで覚えていなけりゃ大したことないネタ、とは言いますが、そこから派生して大ネタに発展することもあります。小説も創作も優れたフラグメント(断片)を線で繋ぎ合わせる作業だと思うんですよね。

 膨大なメモから厳選して一個の作品に仕上げる。そんな作業でもiPadは快適な環境だと言えますね。愛着抜きで。

己への戒めのために

 テクノロジーを駆使して、それは相棒金平に言わせれば『横着ダイエット』らしいが、スレンダートーン、振動ベルト、昼のりんごダイエットを継続し、75キロから68キロへ順調に推移している。

 そんな健気なダイエット活動を、一発で無にする強敵。コンビニで目があってしまったのだから仕方がない。

 カルビーのポテリッチである。買ってしまった。ペイペイの端数残高もあったし(苦しい言い訳)

A86334B9-818B-44F4-A2BC-8F55A9E4FDA2.jpeg

 塩とごま油という旨味の二大要素である。私の我慢など敵うわけが無い。塩は人間にとって必須。ごま油は何に入れても美味い。古くは出前一丁の胡麻ラー油。あれのアリとナシとでは風味が全然違う。

 炒め物でもごま油で調理すればグッと風味が増す。使いすぎると嫁さんに怒られるのだが。『アンタ、安い方の油でやりな。ごま油高いねんで』瓶も細身ですぐ無くなりそう。高級品なのだ。



 やはり美味かった。塩とごま油のタッグは最強である。ポテチを食しながらの読書は至福の時。本日、台風が接近しております。そんな天気なのに嫁さんは主婦仲間とランチに先ほど出て行きました。風がビュービュー吹いておるのにです。

 それに出かける前になんて言ったと思います?

「雨に濡れたくないから、アンタ、玄関の前に駐車場から横付けしてくれへん?」

 そんな時だけ猫撫で声です。どれだけお姫様で育ったのか。そして傘をさすのも面倒なので、小走りで車に駆け込み、それでも結構濡れました。車を玄関前に移動して玄関に入って嫁さんは何て言ったと思います?

「あれ? 雨に濡れると髪の毛ぺシャーンとなって薄くなったの目立つな」

 人に車を移動させておいてどういうことでしょうかこの仕打ちは。人生って何なのでしょうか。

 そりゃ自分に禁止していたポテチでも留守の間に食べたくなる、ってのが人情ではありませんか?

ダイエットベルトが届いた!

 怒り心頭である。

 なにがって? この腹の無駄肉のことだ。掴めば少年ジャンプくらいの厚みがある、憎きぜい肉。

 ジムも通いましたさ。ウォーキングもしましたさ。それでも付き合い始めて何十年か? 一向に落ちる気配が無い。もう我慢の限界である。今年は本気になりました。

 いくらウォーキングをしても、劇的にこの腹がシックスパックになるはずなど無いのだ。一旦そぎ落とさねばならない。

「あのな」

「なんや」

「明日から会社の弁当、いらんわ」

「なんやて? 私が毎日作ってる弁当が食べられへんて?」

「そないに怒るな」

「なんでじゃ。飽きたんか?」

「違うがな」

「他に作ってくれる女性が、いや、それは絶対にないか(笑)」

「あるわい。本気出したら弁当作ってくれる女性くらい作れるわい!」

「寝言はもうええから、なんで弁当いらんのじゃ。理由を言え」

「ダイエットや。昼抜かんと、絶対に落ちん気がする」

「身体に悪いがな」

「だからリンゴ切ってくれ。昼はそれとプロティン一杯飲む」

「そんなもんで足りるんか?」

「協力してくれ。この腹の肉が憎いんじゃ」

 というやりとりを経て、リンゴとプロテイン昼食、スタートから一ヶ月が経過した。5キロ落ちた。デブは四の五の言わず一食抜け、ということだ。そんなに苦痛でもない。夕方腹が鳴れば、おかわりのプロテインを飲めばいい。プロテインは満腹中枢を刺激してくれるらしい。

 一旦、無駄肉をそぎ落として、シックスパックは土台を作ってそれからだろう。それと平行して導入しましたよ! 腹対策マシーンを!

2kplBoViRKedXN-MMkrrHQ.jpg



 まずは一号ベルト。スレンダートーンちゃんだ。これはレベルボタンを上げれば、結構刺激が来る。ヒトデ型の腹の真ん中にペタッと貼るタイプのものより、こちらの方が効果ありそう。正面と両脇腹から刺激が来るのだ。

 低周波治療器の強力なやつ、とイメージしてもらえれば感じが掴めるだろうか?

 これを30分。そうして脂肪をもみくちゃに崩してから続いて2号ベルトである。ターボベルトちゃんだ!

6ARggG3HRlWI94V5FcJFaw.jpg




 電気による収縮ではなく物理的な振動による刺激だ。もみくちゃになった脂肪は、このベルトで北斗百裂拳を喰らい、うんこと一緒に翌日流れていってくれる、という算段だ。

 今年は本気出す。継続は力なり。またここでご報告いたします。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ