小栗虫太郎『新青年版 黒死館殺人事件』を読んでみた。

小栗虫太郎『新青年版 黒死館殺人事件』を読んでみた。





 何年間の積ん読を経ての読了であろうか。相当の積み具合である。中学一年の時に江戸川乱歩、横溝正史を読み始め、その流れで夢野久作、そしてエッセイなどで目にした日本ミステリの三大奇書の一つが本書、小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』であることを知った。

 教養文庫版を一番最初に買ったと思う。そして当時、読んでみたのだが、これがサッパリ分からない(笑)

 まぁ中学生だから仕方がないか。その後、創元推理の分厚い文庫版を買い、二十歳くらいであったろうか。その時には読書経験も相当積んで「ドグラマグラ」と「虚無への供物」が読めたのだから、きっと読めるはずだ。

 孫悟飯ではないが『今度はやられねぇように修行した』とばかりに勢い勇んで挑んでみたのだが、第1章を読み切ることさえできなかった。

 それ以来のトラウマ本である。

 全く分からない。登場人物の会話が理解できない。みんな分かった風に進行していくが、こちらはビジュアルすら浮かばない。という色々なストレスが襲いかかってくる小説であった。

 これが奇書か、とため息をつく他はなかった。

 そのまま積ん読になること二十数年、そうして最近、ネットで『どうやら黒死館殺人事件が出るらしい、それも新青年版の復刻で挿絵も収録されるらしい、本文には詳細な脚注がつくらしい』という情報を目にした。

 これならばもしかしたら読み切ることができるかもしれない。そう思わせるような内容であった。

 積ん読はしていたが、本書のことは絶えず気になっていたのだ。小栗虫太郎ワンダーランドというムック本を買い、プロである横田順彌氏が「難しい」と言ってらっしゃるので、私が理解できなくて当然ではないか、と安心したものだった。

 会社の同僚や、同世代の四十代に比べ、読書量は多い方だ、という自負もあった。なんとか読んでみたい。

 そうして先日、遂に読了した。未曾有の読書体験であった。カルチャーショックだった、と言い切ってもいい。

 現代の私なら『これとこれを逆に飾ってあるから『虐殺』のメッセージね』と、これまで目にしてきた娯楽作品から、なんとなく『そういうパターンのやつね』という認識にも及ぶが、発表当時の読者の置いてけぼり感を考えたら気が遠くなる。

 何年先をいってるんだ、とも思うし、一級の娯楽作品でありながら作者がイッちゃってる相当なアバンギャルド作品である。

 まず私の常識から脳天をハンマーで打ち砕かれた格好から入った。小説とはそもそも他人に分かりやすく書かれるものではないのか? という常識だ。

 それがこの作品では全く通用しない。痛快ですらある。読まれることを前提としない小説なんじゃないのか? とさえ思った。

 私は読みながら、絶えず『この膨大なペダントリーの積み重ねの先に何があるのか、何を目標としたのか』ということを意識しながら読んだ。

 序文の乱歩と甲賀三郎も文章を寄せてはいるが、迂闊に近付けない様がありありとみて取れる。

 そして会話の後も普通の閉じ方はしない。こねくり回してくる。

「ホニャララ」と十津川は言った。

 みたいな表記は一行もない。

〜法水は紙巻を口の中で玩びながら、寧ろ残忍に見える微笑を湛えて相手を眺めていたが〜

 毎回このような熱量で会話が進行していくのだ。

 これはミステリーの体裁を取った、天才小栗虫太郎の知識の羅列の書なのだ。暴論を承知で言いますけどね。私にはそう感じ取れましたよ。

 ペダントリーの積み重ねの先に物語としての意味はなく、積み上げることが目的であったのだ。と納得した。

 著者が吸収してきた様々な学問、それらをリアリティを湾曲してまで物語に当てはめ組み込んでいく。

 作者の、この手ならいくらでも書ける、というのは強がりでもなんでもなく心底そう思っての発言だと思う。一般ピーポーに知的レベルを落とす手間を省いているのであるから当然といえよう。

 読み手を選ぶ作品ですけどね、読みにくいですが、この新青年版は一筋の光明を与えてくれます。

 二度挫折した私が読み終えることができたのがその証拠です。

 作者のペダントリーの連べ打ち、その本文の下に注釈がつきます。これが置いてけぼり感をかなり軽減してくれます。

 理解は完全にはできませんが、ボンヤリとどんなものかは自分なりに想像ができます。これは大きい。

 三大奇書を読み終えることができましたが、本書が一番面白かったですね。読めて本当に良かった。







いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

ソフィーマルソー 地獄に堕ちて




ソフィーマルソー 地獄に堕ちて



 今私は、この文章を打ち込みながら、大いに悩んでいる。この記事は時期尚早ではないのか? という思いが私のコレクター魂にブレーキをかける。

 ソフィーマルソーのマイブームが突如到来してから、まだ私はマケプレやオークションで彼女の映画DVD作品を四枚しか所有できていない。

 私の蒐集者としての顔と表現者としての顔が激しく葛藤する。今ここでソフィーに対する想いをぶちまけたら、いや、油断は禁物だ。何気ない一言がSNSで発信されネズミ講のように拡散し、同時多発で興味の渦が巻き起こり、過去の作品が高騰する現象を、50年近くも生きていれば何度も目にしてきたではないか。

 それでも書かずにはいられない。ここまで日本人好み、日本人ウケするであろう外国人女優が他にいるだろうか。

img9d8aac65zik2zj.jpeg


 ちょっとタレ目な感じ。肉欲感溢れるムチムチバディ。そしてフランス人特有の気品。

 ラ・ブームの1と2を観終わり、次に手を出したのが大人になったソフィーの映画であった。検索し、画面を確認し、私は目ん玉が飛び出るくらいの衝撃を受けた。

『ソフィーマルソー 地獄に堕ちて(ヘア無修正版)』

 私はマックブックの前でひきつけを起こしながら、もう一度冷静になって再確認した。ヘア無修正版とはなんぞや? いや、改めて考えずとも日本はヘアの表現は解禁になったはずだ。

 それまでのVHSでは野暮な丸いぼかしで股間を隠していたものが、この度取っ払って発売された、ということでよろしいんですよね。兄さん。どこにもいない兄さんに話しかける狼狽ぶり。

 これは買わねばならない。所有して確認せねばならない。

 私は少ない小遣いをやりくりして、それプラスソフトバンクから支給される長期契約特典であるTポイントの合わせ技も使って、なかなかいいお値段でこの映画を入手した。

 あらすじはどうでも良い。年の差夫婦がバカンスに訪れ、誤って人を殺してしまった亭主を助けるために若妻が協力する。というお話なのだが、この亭主役がラ・ブームでの父親役!! 見方によっては父娘モノ(絡みのシーンがあるので)としても鑑賞できるのだが、私には娘がいるために、そういう興味は全く湧き上がらない。スタッフにそういう下世話なキャスティングを提案した変態さんがいたのであろう。受けるソフィーもソフィーだが。

 開始8分、いきなりきたー。バスタブの中で眠たそうにしているソフィーの上半身。たわわな乳房が丸見えである。なんという可愛らしさ。貴方はフランスの大女優ではなかったのか? それなのにその度胸、気っ風の良さ。

 芸術のためなら、脚本のためなら、惜しげも無く裸身を晒せるのか? 貴方は。

 なんという素晴らしい女優魂。

 この映画はストーリーを追う映画ではない。私服でも結構露出高めの服を着て、美しいハリのある肌を見せる、女として脂の乗り切ったソフィーの身体を鑑賞する映画である。

 そしてこの映画最大の見所であるシーンが開始から48分辺りで訪れる。夫婦二人でドライブし、誰もいない砂浜に行き、ソフィーが全裸で泳ぐのだ。カメラは海から歩いて上がってくるソフィーの全身を映す。

 野暮なぼかしは全くない。身体のボディラインがまぶしい太陽の下で健康的にさらされているではないか。そしてヘアーが、大女優のヘアーが、遠目でも丸見えではないですか。

 私は一時停止をして食い入るように見つめました。下に垂れ下がったヘアーのおかげで秘部の(秘部は死語か? この際どうでもいい)形まではわからないが、可愛いソフィーのお股のラインが何も隠さずに丸見えなのである。

 なんという役者魂。日本の熟女女優は何をしている。吉瀬美智子がどんなに名演技を見せてもヘアーを解禁せねばワシは認めんぞ。

 しかし、このシーン、カメラマンや音声さんや照明さんは、ソフィーの秘部が丸見えの見放題ではないのか?

 誰か! 乗客の中でフランス映画に就職するツテを持っていらっしゃる方はいませんか?!

 このシーンだけでこの映画は価値あるものとなったのです。

 あぁ、書いてしまった。このことによって局地的ソフィーブームが降臨する同士が映画を求め、私の所有していない映画のマケプレ価格が高騰してしまったらどうしよう。

 買う気になった貴方は、ぜひこの下の画像リンクからお買い求めください。私に一人当たり10円なにがしかの金銭が入るはずです。次に買う映画の足しになります。






いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

我が妻との闘争2017〜名古屋夫婦二人旅篇〜続き

我が妻との闘争2017〜名古屋夫婦二人旅篇〜続き

waganagoya.jpg


 発売から半月余り。今でも日々有難いことに出荷されております。これを書いている現在の順位は、Kindle本の五位です。大健闘ではありませんか。まずこのプロジェクトが成功したことに喜びと充実を感じております。

『すごい面接』と『鳥越第一産婦人科院長殿』を足した合計をも、この本はあっさり売り上げを抜いていきましたので、作者自身が一番びっくりしております。

 今月は作品社の『新青年版 黒死館殺人事件』や論創ミステリ叢書など、高価な本の購入が続きましたが、この印税でペイできそうであります。健全な印税の使い道だな、と思っております。

【ミステリ三大奇書の一つ。めくるめく知の洪水。一生ものの本なんて余りないが、これは一生ものに値する一冊。品切れになって後悔する前に、ぜひお手元に!】


 我が妻はアマゾンレビューも頂き、ツイッターで検索をかけましても、そんなに『全盛期の勢いはないな』的なナーバスになるご意見も見当たらず、作者はホッとしております。

 書き手は感想が一番嬉しいものです。皆さんもよろしければ、ぜひ何か呟いてください。

 本日、ブログで言及されているページを発見しました(クリック)どうもありがとうございます。

※この下の小さい画像をクリックすれば販売ページに飛びます。




いつも来てくれてありがとう。最新刊どうぞよろしく!

我が妻との闘争2017〜名古屋夫婦二人旅篇〜




 Kindle特別版として、休眠していた『我が妻との闘争』が復活しました。

 このシリーズに関する私の想いは、本書の前書き、あとがきに記したのですが、今は新作が脱稿できてホッとしています。

 作者のやる気も上がります。皆さんよかったら読んでみてください(アマゾンレビューもできたら書いてみて!)

※下の小さい表紙画像をクリックすれば、アマゾンの販売ページへとジャンプします。






いつも来てくれてありがとう。新しいKindle本、よろしくね!。

佐野元春 MANIJU(マニジュ)




佐野元春 MANIJU(マニジュ)
発売日 2017年7月19日
型番 POCE-9393


01. 白夜飛行
02. 現実は見た目とは違う
03. 天空バイク
04. 悟りの涙
05. 詩人を撃つな
06. 朽ちたスズラン
07. 新しい雨
08. 蒼い鳥
09. 純恋(すみれ)
10. 夜間飛行
11. 禅ビート
12. マニジュ





 私の佐野元春のファン歴は相当長い。リアルタイムではビジターズツアー終盤、ヤングブラッズのシングルが出た辺りからで、初めて買ったレコードは三連続シングルリリースのシングル盤とアルバム『カフェ・ボヘミア』からである。

 ライブにも十回ほど参加しており、相棒の金平とも三回くらい一緒に足を運んだのではないか? 私の人生を彩る重要なアーティストである。

 さて、コヨーテバンドになってからの怒濤のリリース劇はファンとしては嬉しいところで、コヨーテ以降のアルバムは、これまで発表してきたアルバムよりもソングライティングは進化し、あのキャリアにして常に新しい挑戦を続ける姿には感動すら覚える。

 音楽に理屈など必要ない。文章で感想を残すなどナンセンスだ。ゴキゲンなら首を振って身体を揺らせば良い、のだが、蛇足を敢えて承知で私自身の感想を書き残しておく。

 まず一回聴いただけの印象は『前作と全く違う』ことだった。誰だ、前作の傑作『ブラッドムーン』の路線を批判した奴らは。『ブラッドムーン』は近年まれに見る傑作だった。『裏技を使って売り抜け』というリリックをロックでやるから痛快なのだ。詩的ではない、直接的すぎる、という批判は全く的外れであったのだ。全編にみなぎる高い緊張感、ダレ曲が一切無い構成。冒頭の『境界線』の古いファンをニンマリさせる絶妙な導入。

 今回はどんな感じでくるのか。私はヘッドフォンで新譜に臨んだ。

01. 白夜飛行 オッ、お洒落だ。こんなお洒落なナンバーも書くのか。という驚きがまず第一に来た。『徐々に高まろう』というのが本作の重要なテーマであると感じている。あの一発『ダンス』の力強さ。洋楽的なセンスが光る。そうして速くも遅くも無い自然に身体が揺れ出すテンポ。素晴らしい高揚感を伴った幕開け。元春は新しいモードを手にした。

02. 現実は見た目とは違う このアルバムの中での重要な一曲。ボーカルと演奏が五分五分で前面に出てきて、一聴不思議な感覚を覚える一曲。聴く度に好きになっていったスルメ曲だ。個人的には『聖者』という歌詞はもうお腹いっぱい。『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』で初めて耳にした『聖者が来ないと不満を告げてるエレクトリックギター』という一節は確かに衝撃的であったが、ここまで出てくると後期元春を象徴するフレーズになってきており、もう別のワードで歌詞を組み立てて欲しい、というのが本音。

03. 天空バイク たまげた。サイケでポップ。ラブを連呼する箇所は、下手すれば物凄くダサくなる可能性もあったというのに、敢えての英断がオリジナリティを高めている。好きなんだからしょうがないじゃないか。というとめどない相手への想いが、メロディになってラブを連呼する。そしてそれは完全に『陶酔』を表現している。愛とはそういうものなのかもしれない。

04. 悟りの涙 傑作。このアルバムのベストトラック。『Groovin’』マナーのナンバー。私はこれを異性を想う曲として聴いている。先日、鳥取ドライブで相棒の金平と聴いたのだが、アイツは『沖縄として聴いている』と言っていた。確かにそうだろう。恋愛だけの曲として捉えればブルドーザーとシャベルという歌詞は邪魔で余計だ。ここだけ前作を継承して直接的である。本アルバムは中性的な雰囲気を纏い、前作の攻撃的な面は影を潜めているのが特徴だ。

05. 詩人を撃つな ここが二曲目『現実は見た目とは違う』と印象が被って弱く感じるのだ。ダブルボーカルのポエムリーディング風ロックで、このアプローチは前作ブラッドムーンの中でも意欲的な傑作『新世界の夜』でも試みていたのだが、このタイプの曲はアルバムに一曲で良かった。個人的にはここに先行シングル『或る秋の日』を入れたら更にバラエティに富んだのではないか、とも思うし、あの曲を配信だけではなくCD音質で残しておくべきだった、と強く思っている者の一人である。

06. 朽ちたスズラン 進化はしているし認める。だがここにきて、なんで今更元春が手垢にまみれたディランマナーの曲をやる必要があるというのか。既にザ・バーンで『誰も気にしちゃいない』という佳曲を出しているではないか。

07. 新しい雨 先行シングルである。相棒の金平は『凄く好き』と言っていたが、私はイマイチなのである。この曲よりも先行シングルの三曲目の傑作『私の人生』を推す者である。

08. 蒼い鳥 ナポレオンフィッシュアルバムの時に断片だけ録音されていたナンバーがようやく曲となって完成した。傑作。ポールマナーの『ラム』を想わせる牧歌的な雰囲気の中で、創作をする全ての人に捧げられた『創作賛歌』として響いた。

09. 純恋(すみれ) 第二弾シングル。近年希に見るポップさ『La Vita e Bella』を越えるキャッチーさ。まだまだ書ける、ことを証明した作品。こういう系統でニューアルバムは並ぶのかな? と思っていたのだが、アルバムは全く異質な物だった。魚座元春の頑固さ、反骨精神、それを望むなら、これをやりましょ、で、いいでしょ? これ。の精神に振り回されてきた数十年。ええ、こちらはただ信じて付いていくだけですよ。

10. 夜間飛行 一曲目の『白夜飛行』のリプリーズにあたる曲。ここが魅力的なら私の評価もグッと上がったのだが、大人向けのジャズテイストで仕上げてきた。元春の仕掛けてきたリプリーズで一番高まったのが、Mr.アウトサイドのリプリーズ。次に控える曲の為に敢えてのシックなナンバーだったのだろうが、ここも攻撃的にして欲しかった。ブラッドムーンの怒濤の後半戦のように。

11. 禅ビート 傑作。名盤『ZOOEY』収録の傑作『ビートニクス』に連なる新生佐野元春ロックの一曲。ここまであからさまなシンプルロックナンバーは、実はそれほど佐野元春には無い(警告通り〜、愛することってむつかしい、くらい。バニティファクトリーは装飾過多だしね)。今後もこういう無駄をそぎ落としたかのようなシンプルなロックを書いて欲しい。

12. マニジュ 終わりよければ全てよし。合格曲である。メロディも歌詞も魅力的だ。最後に相応しい雄大な一曲。

 好き勝手書かせてもらった。申し訳ない。でも大ファンだから許してくれるよね元春。






いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ