吉野公佳 いっしょにい・た・い イン ハワイ

いっしょにいたい

吉野公佳 エンジェルパラダイスボリューム2 いっしょにい・た・い イン ハワイ
発売日 1996年09月13日(定価6,090円[税込])
型番 T-2405G

セガサターン用ソフトである。

「あれっ? アイドルCDのタイトル小噺じゃなかったの?」

というような意見もあろうかとは思いますが、まぁ、ディスク関連でアイドルっぽかったら取り上げていきましょうよ、と。そういう広義なスタンスでやっちょります。

特にこのセガサターンで出ている、よくわからない女性達の大量のゲームソフト。相棒のKも同様、サターンで再生されるトゥルーモーションと呼ばれる前時代のガビガビの動画再生規格に、燃え上がるような偏愛を注いでいるのです。

ノスタルジーとはチョット違う、目を凝らし意識を集中させながらガビガビのムービーを観て脳内補完したり、当時次世代機と呼ばれた、貧弱で欠け気味なポリゴン表示を「90年代っぽくてイイよなぁ」と、味わいながら、そして多少ムキになりつつ収集しておるのです。

その、よくわからないサターンゲームの中でも、吉野公佳さんはメジャーだったのではないでしょうか? おさつドキッのテレビCMとかにも出演されていた模様。


当時の次世代機レースは、早い段階から「プレステの勝利であろう」というのは囁かれておりました。人気ゲームや大作の続編がバンバン移植されていっても、「いや、オレはサターンだね!

と、頑なにサターンへの愛を貫き通しましたさ。内心ではプレステ買おうかなぁー、と思いつつも、そんな表情をおくびにも出さず。

こういう趣味の偏り具合のおかげで、何事においてもメジャーになれず、このブログも当然のことながらメインストリームに躍り出ることも無いまま今日に至るのです。

で、このゲーム。この文章を書く前に、ちゃんと真面目にプレイしておこう、と小一時間ほどプレイしてみました。内容は簡単なパズルゲームなどでした。

が、問題は「クイズ」のコーナーです。超絶クイズでした。ご褒美のムービーも、観れやしねぇ!

簡単に抜粋してみましょうか。

・私には仲の良い妹がいる
・私の飼っている犬の名前はルビーである
・一番得意な泳ぎは平泳ぎである。
・私がはじめてピアスをしたのは高校二年の時である
・私は昔陸上部だった
・中一の時には160センチを超えていた
・ハワイには10回以上来ている
・一番嫌いな食べ物はキュウリである


んなもん知るか!

50:50もテレフォンもオーディエンスも無しである。常に迫られるファイナルアンサー。私は笑いながらコントローラーを畳の上に叩き付けました。これはクイズに見せかけてはいるが、立派なギャグだな、と。

このゲームの発売が1996年。熱心な吉野公佳ファンが発売日に速攻定価で買って遊び狂ったとしますわな。で、何度もプレイしてガビガビムービーを観ながらウットリします。当然、部屋にはイメージビデオや写真集も集めてあります。

でも、ネットで検索してみてビックリ。吉野公佳さん、2008年にAVに出てはるんです。
kimika.jpeg
2008年10月01日発売

当時のファンは足掛け10年、辛抱に辛抱を重ねて、ようやく「乳首様」に拝謁できたわけですが、今知った私とか皆さんは、10年を軽く飛び越えて拝めるわけです。なんか徳した気分といいますか、プチタイムマシンみたいな感じといいますか。。。


無茶苦茶クイズでファイナルアンサー!に一票!

セガサターン バーチャフォトスタジオ

バーチャフォトスタジオ

セガサターン バーチャフォトスタジオ
発売日 1996年3月29日
型番 T-8103G

以前、親友の漫画家Kが送ってくれたままになっていたセガサターンのゲームを、タンスの肥やしになる前にプレイしてみた。

3人のモデルを相手にテキトーにシャッターを切って、それがアルバムになって後から見返すことが出来る程度のゲームだと、高をくくっていた。

プレイしてみて、私はのけぞる程おったまげることになる。

画像はガビガビの高圧縮のムービーなのだが、いきなり服を脱ぎだして乳首が丸見えになった。

いくら年齢制限があったとはいえ、セガである。ソニックの会社だ。基本子供相手である。まさか乳首が画面に出てくるとは思いもよらなんだ。

これは予想外の衝撃である。心の準備が全く無かったので、もう少しで下半身が暴発するところであった。

想像していたのは、乳輪の所に丁度木の枝があったり、御開帳の股間に丁度リンゴが置いてあったり的なゲームでしょ? くらいの感覚であった。

それが想像を絶する乳首丸出しダンスムービー! テンホーである。倍に嬉しかった。N●K教育テレビで体操のお姉さんの乳首がTシャツから透けて見えた級のありえないエロさ。

俄然私はヒートアップする。

いいよー。可愛いよー。もっと大胆にいってみようかーっ

カッシャーッツ、カッシャーッツ(シャッター音)

私はコールしながらプレイする。たかがゲームなのに! 汗ばむゲームパッド。20歳の頃の私ならここまで没頭してゲームなどプレイしなかった。

飛んで、もっと弾けて! スゴイのちょうだい!

カッシャーッツ、カッシャーッツ

俺は播磨の篠山輝信かっ! 心の中で自分につっこんでみる。

サナギから蝶におなりっ!

カッシャーッツ、カッシャーッツ

ギンギンになったまま一眼レフのシャッターを切る。一人部屋にこもって激写である。一歩引いて見れば今日の俺も完全にだめなやつだ!

グッジョブ! もっと壊してっ、自分を無茶苦茶にしてみてちょうだいっ!

カッシャーッツ、カッシャーッツ

ハイテンションにシャッターを切る。その時、部屋のドアがカタンと鳴る。嫁? いや、長男??

ラーン、ランララ、ランランラーン(ナウシカの回想時のBGM)

いやーっ、見ないでーっ!

聞き耳を立てていたのが子供でないことを、どうぞ皆さんも一緒にお祈りください。。。

俺の値付け、1500円


奥菜恵 恋のサマーファンタジー in 宮崎シーガイア

恋のサマーファンタジー

奥菜恵 セガサターン用ソフト
恋のサマーファンタジー in 宮崎シーガイア
発売日 1997年8月22日
型番 T-23407G

だめやつ東京支部の親友kが秋葉原にて購入。お値段おったまげの2080円!
奴は男を見せてくれた。私がサターンのプラドルシリーズのコンプを宣言し、それをサポートする過程での偶然の捕獲である。
実際、サターンに詳しい私でも、このソフトを送られてくるまで存在を知らないでいた。
よく迷わず買った!と、私は東京の方角に向かって拍手喝采を送るのである。一期一会の教え、よくぞ守ったり。
捨て身の2000円クラッシュ! 奴の財布には多くても5000円くらいしか入ってないだろう。見事な散り様である。男気を見せつけられて感動に打ち震える。そりゃリュウさんは二階級特進だろうさ。超えたよ。おめえさんは。
wikiによれば、当時ブームであった恋愛シミュレーション、ときメモのフォロワーの一つと言え、アニメではなく実際のアイドルを起用した擬似恋愛デートゲーム。とある。
宮崎シーガイアの方も調べれば、完全閉鎖とはいかないものの、経営の悪化からいくつかの施設を閉鎖している模様。
メインの施設でもあったオーシャンドーム(開閉式の屋根を持つ全天候型プール)も2007年9月30日に閉鎖。
あぁ、行きたくとも、もうないんですね。40歳を越えたせいか、かつて繁栄していた施設とか、潰れてシャッターが降りたまま店を見ると、たまらなく切なくなる。
姫路にもありますよ。廃線になったモノレールの跡とか、手柄山にはかつての姫路万博の会場の跡とか。
そういう風景を見て、透過度50%のレイヤーを被せて物思う。水のない噴水の跡で、水しぶきをあげてはしゃぐ子供たち。歯抜けになったモノレール、上から手を振るたくさんの笑顔の車内の乗客。
さびれた建物の横で舞い上がる紙吹雪と原色の風船。カメラを構えるまだ若くて奇麗なお袋。ヒーローショーで仮面ライダー一号に抱き抱えられ、ライダーヘルメットと変身ベルを身に付け、ピースサインをしている三歳の俺………。
あぁ、確かにかつてここは希望と活気に満ち溢れていたのだ。錆びついた売店跡の何十年も閉まったままのシャッターを見ると切なくなる。
潰れた店やシャッター商店街を見て「いずれ新しい店が入るんじゃねぇの?」みたいに簡単に流せなくなったのは歳のせいか。
それは二度ともどらない空間。閉じこめられた希望と活気。
このソフトにも同じことがいえる。デートコースとして全盛期の宮崎シーガイアが実写で収められているのだ。そして、スキャンダルで汚れてしまう前の清純アイドル奥菜恵も。
この週末にでも「あの頃」を散歩してみようか…。そんなセンチな気持ちにさせるソフトである。。。

俺の値付け 1500円


プラドルDISK vol.9 松永恵子

プラドルディスク永松恵子0001
プラドルDISK vol.9 松永恵子
セガサターン用ディスク 1997年12月04日発売
定価 3,000円
型番 T-30816G

燦々と輝く子供が書いたようなグルグルテカテカの太陽の下、レレレのおじさんが道を掃除している時のBGMをバックに、私は溜息交じりでこう呟く。

「キリがないのだ…」

下唇を突き出して、伸びきった鼻毛にバフーッと風を送り込んでなびかせる。

こんなところから手をつけてしもうた。

vol.9である。どうするつもりか。どうしたいのか。

コンプする気なの? そうなの?

冷静になりんしゃい。絶望的であろう。揃うはずがない。

そりゃネットやオークションを利用すれば簡単に翌日にでも届くのかもしれない。

だが、それは俺の流儀に反する。現場で手にとって揃えていく。その店になければ次の店で。
その店でもなければ他府県で。そいつが俺のやり方。

親友の漫画家Kも、これを揃える旅にもう一度出たい。とお願いしたら、今度こそ激怒するやもしれぬ。

で、このディスク、購入価格はお宝系某黒い店で300円であった。サターンはプレステと違って暴落の度合いが激しい不遇のハードである。いつまでも履けないので、店側も種類に関係なく破格な値段で売りさばくパターンが多い。

それでも、だ。このプラドルディスク、調べれば本編の他にもデーター編としてコスプレやらレースクィーンのシリーズがある。

ここで俺は釣られて熱くなる。

熱くなる必然性も思い入れも全くないクセに熱くなる。自分の気持ちを高めだす。で、誰も頼んでいやがらないのに勝手に決意する。

なんとしてでも揃えてやる。と。

もうこうなってくると、そこに山があるから。といって登りだす登山家と同じである。

救いはこのディスク、かろうじて俺のタイプの女の子だということだ。

だっていや●しそうではないか。

ブサイクのクセに面食いな漫画家Kなら「あぁー全然タイプじゃないわ」と、アッサリ言うんだろうな。わかってるよ。

俺の値付け 1000円
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ