FC2ブログ

斉藤由貴 ガラスの鼓動

kodau

斉藤由貴 ガラスの鼓動
発売日 1986年3月21日
型番 D32A0168

01. 千の風音
02. 月野原
03. 土曜日のタマネギ
04. 初戀
05. 情熱
06. コスモス通信
07. パジャマのシンデレラ
08. お引越し・忘れもの
09. 海の絵葉書
10. 今だけの真実



 
 毎日新作長編を少しずつ書き進めている。

 前にも書いたが、今回は躊躇わず、ハイスピードで自動筆記マシーンと化して書き飛ばしている。以前はこういうやり方は否定的であった。

 安っぽく感じるし、文学とはもっと熟考せねばならぬ。醗酵こそ命、的な考えであった。

 だが、そうとも言い切れない。ハイペース執筆は確かに後から読み直すと勢いが先走り、語句の不満もあるが、それは訂正すれば済むこと。

 ハイペース執筆は、物語の時間の経過と同化できる。そして書き飛ばしていると、これまでのキャリアからオートセーフ機能が自動的に働き(笑)書きながら修正、訂正がバンバン入る。

 なによりパッションを閉じ込めることができる。これはノロノロ執筆ではできないことだ。

 結局芸術とは、燃え上がったパッションを結晶化することなのだ。

 そして『ゾーン』に入っていく。野球選手でいうボールが止まって見えるアレである。

 文章を打ちながら、最近は確実にゾーンに入っている。それはスポーツジムで隣のレオタードの美魔熟女が腕を上げたとき、確実に鹿並の視野角でスローモーションの脇映像を脳内ディーガに叩き込む瞬間に酷似している。

 更に会社で美魔熟女が落ちたコピー用紙を屈んで拾う時、これも鹿並の視野角の横目で、タイトスカートギリギリ奥の太もも映像を、これもまた脳内ディーガにスローモーション三倍速で記録することに酷似している。

 書きながらそんなゾーンに何度も入り込んでいる。期待して欲しい。

 それにしても若い頃の斉藤由貴は、ゲキクソ可愛いな。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

斉藤由貴 YUKI’S MUSEUM



斉藤由貴 YUKI’S MUSEUM
発売日 1989年11月29日
型番 PCCA-00030

01. 夢の中へ
02. 青空のかけら
03. 「さよなら」
04. 初戀
05. 悲しみよ こんにちは
06. MAY
07. 情熱
08. オラシオン~祈り~
09. うしろの正面だあれ
10. 3年目
11. 少女時代
12. 白い炎
13. 土曜日のタマネギ
14. 卒業
15. Where~金色の夜~
16. 砂の城
17. ラッキー・ドラゴン

ええぃ皆の者、控えぃ、控えおろう。頭が高い。控えんかゴラァ。目ん玉むき出してその目でしかと見るがよい。

この肛門が目に入らぬかっ!(※激注 黄害付き。周囲にスパイシーな香り)

誰一人振り返らぬ通行人。小さな竜巻に舞う銀杏の落ち葉。ただの変態。北風小僧がささやいた。

さぁさぁ、今夜は温かい母さん特製の見た目ゲロシチューよさぁお食べ。

何がお食べかっ!食えるかんなもん。犬のエサか! 横を見ればペロのエサはヒレステーキにフカヒレスープ付き。

どういう金の配分なのか? この家は。

情緒不安定なマミー。手に溢れんばかりの錠剤。目は完全にイっていた。家を急に飛び出すマミー。

「待って、お母さん」

慌てて追いかける息子。電柱のところでクソ忙しいのに浮浪者に捕まる。

「大概な、この街の犬8割方触れるで、頭撫でられる。そうすることによってな、犬ポイントが貯まっていくんや。君は徳のある生き方してるか? そうやって犬に歓びを与えることによって、人間としての徳がギュンギュン上昇していくんや。何もしなかったモンはそのまんま死んだら地獄行きや。でもオッチャンみたいに徳の高い人間は、最後の最後で地獄に堕ちる寸前、今まで頭撫でてきた犬が大挙して押し寄せてきてな、オッチャンを天国へ救い上げてくれるんや。君パトラッシュって知ってるか?」

臭いし社会的に駄目な人間っぽいしなんの説得力も無し。見た目もさっきの母さんのゲロシチューみたいだし。

そしてそんなくだらぬ話より、逆に2割、どんな咬まれ方をしたのかの方が気になった。

それにしても筆者の仕事場は過酷なブラック企業。俺は太陽の息子、仮面ライダーブラック企業RX!

息子をギンギンに反りかえさせながら。避ける通行人。

間もなく通報されるだろう。鳴り響くサイレン。まさかパトカーに乗せられる人生を歩むなんて子供の頃は思ってもみなかったよ。ごめんねマミー。

「何をやっととるか、けしからんけしからん」

メタボリックな中年警官。黒タイツピチピチな婦警のコスプレで登場。

「なんでチャック開けて反り返ってるんや?」

過剰なボディタッチ。隙を見て親指の腹で高速尿道攻め。

赤いサイレンの光なのか、恍惚で赤く染まった顔色なのか判別不可能。草葉の陰で泣くマミー。警官のテクで不覚にも昇天。警官我が意を得たりとばかりに笑点。

笑点、これにてお開き。



いつも来てくれてありがとう。ぜひ上の白いボタンをぜひ押してくれよ。残業がひどすぎて脳波も狂います。

斉藤由貴 age

アージュ

斉藤由貴 age
発売日 1989年4月21日
型番 D29A1008

1. LUCKY DRAGON
2. N’oublie pas Mai(5月を忘れないで)
3. ガラスの天球儀
4. LUNA
5. 永遠のたそがれ
6. DOLL HOUSE
7. あなたの存在
8. 雨色時計店
9. In my house
10. LUCKY DRAGON(Service Version)

昭和44年生まれの私にとっては、90年代というのは幾分くすんだイメージで、やっぱり80年代がパワーもあったし光り輝いて見えるのだ。

高校時代だってワルの女子は靴スレスレの長いスカートを履いていた。風俗が今とまるっきり違うのである。

そして80年代アイドルを見ると「巨乳」とは無縁である。石川秀美や早見優などスリム体型である。まぁ、巨乳に関しては雛形あきこ以前・以後に分かれる話になってくるので次回に譲るとして、そんなスリムアイドルの中でも斉藤由貴さんは可愛く、そして豊満であった。

当時最強である。

娘などはテレビを観ながら「佐々木希みたいな顔になりたいよー」などと言っておるが、どーも最近の流行顔は人形みたいで私はダメだ。

やっぱり80年代の女性がいい。

そして今回の「age」に収録のLUCKY DRAGONなどはディスコサウンドである。80年代はユーロビート全盛であった。

シニータ、とかね、ストック、エイトキン、ウォーターマンプロデュース作品なんかはエバーグリーンですよ。

今の若い人が聴いたら「ダセ」で終わるんでしょうか。

で、昨日から私、関節が痛むのです。祭りの筋肉痛かと思いきや、どうも熱っぽい。皆さんもインフルには気をつけて。取り敢えず病院行ってきます。それでは。。。




渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ