奥菜恵 グラデーション



奥菜恵 グラデーション
発売日 1997年3月20日
型番 COCA-14090

1. 瞳の言葉~ビリーヴ・イン・ユア・アイズ
2. イ・イ・カ・ゲ・ン・ナ 愛してる
3. 今でも…あなたが好きだから(アルバム・ヴァージョン)
4. とってもゴメンネ
5. あなたのそばで
6. スウィート・タイム
7. 短い夏
8. こんなふうな せつなさって
9. 雨の雫
10. 一番星を探して

小学校の頃に比べますと、やっぱりチョットドキドキするわけですよ。中学生の異性というのは。

まー、一緒になんかして遊ぶこともなかったですし、遊びも決定的に溝ができていましたしね。それでもたまに一緒に遊んだ時、ゴム跳びとかさせてもらいましたが、あれはあれで結構燃えて楽しいもんでした。

で、友達が「女子と遊ぼう」と耳打ちするわけです。この当時の中学生は今と違って全員丸坊主でしたから、ニキビいっぱいの顔を近づけて私に言うわけです。

「女子? どこの?」

「遊ぶの? 遊ばないの?」

なんか挑戦的です。こっちは滅多に女子と遊ぶこともなかったので、期待しまくりで首を縦にふります。

そうしてその女子の家に遊びに行ったわけです。普通の一軒家でしたね。「おじゃましまーす」っつって二階にテテテーッて上がっていきます。

いましたね、ちょっとガッシリしてましたが、見た目は確かに女の子です。白いスカートもはいてましたし。

いらっしゃい、よう来たな

私はその場でひっくり返りそうなくらいに驚きます。物凄く低い声で、どう考えても男の物言いなんです。

しばらく目がテンになってましたね。

「知らん奴来とるなぁ、立ってないで座りぃや」

やっぱ男です。しかし目の前のビジュアルは女子。軽くパニックを起こします。

「頼みあんねんけど、一緒に弟も混ぜて遊んでエエか? アイツ暇しとんねん」

振り返ると障子を半分開けて、丸坊主がこっちをウルウルした目で覗いていました。

いらっしゃーい! なんかにぎやかで楽しいーっ!

ここで私は少し漏らしたかもしれません。その丸坊主の言動はまるっきり女性だったのです。その当時、おすぎとピーコの存在は知っていましたが、まんま「オカマ」というか、わかりやすいくらいにナヨナヨしておりました。

そしてボディタッチしまくりでした。後ろから抱き付いてきて「キャー」とか言うとります。

軽いパニックを通り越して混乱でしたね。メダパニです。素人が簡単に「オマエら逆やん!」とは言えないような、重厚な本格感がありましたよ。あの姉弟には。

その弟のTシャツが紺と紫のグラデーションだったっけかなぁ。で、今回のお題の奥菜恵の「グラデーション」

可愛いので買ってしまいましたよ。昨日の仕事の帰りに。更新もそっちのけで。350円でリーズナボーでした。ちょっとオキメグコンプを目指そうと思っております。。。




奥菜恵 BLOSSOM



奥菜恵 BLOSSOM
発売日 1995年9月21日
型番 COCA-12761

1. わりとこの頃は
2. ペシミスト
3. この悲しみを乗り越えて
4. 逢いたくて
5. スワンのように
6. きみのいる場所
7. ラッキー・デイに恋を始めよう。
8. コットンフィールドの風
9. あなたが好きだから
10. 手紙

ウチの嫁は奥菜恵系と言えますわな。分類するとすれば。いえ、大雑把なくくりですよ。

中山美穂系と奥菜恵系ならオキメグということであって、それでも「綺麗なのか?」と瞬時に判断するのは早計です。

ジャイアントスイングしてコンクリート壁に激突させた直後の中山美穂系ということもあれば、奥菜恵にストッキングをかぶせて、クイッと上に引っ張りあげた顔が、ホレ、ウチの嫁にクリソツみたいな言い回しも出来るわけです。

まぁそこまでアイテムを加えて変形すれば、もはや原型をとどめてはおりませんが。

自分に有利なようにする言い回しなんて世の中ザラでしょう。

あー、スイマセン、じゃあポッチャリした娘をお願いします…。ってこれじゃデブやんっ!

や、やっぱ痩せた娘でお願いします…。ってガリッガリやん、骨皮筋子かっ!

ホントごめんなさい。やっぱり中肉中背の娘でお願いします…。ってスッゲーブスやんっ! もう帰るわっ!

言葉のマジックとは恐ろしいもんですな。

昔にもありましたよね、ウインドウズ陣営がペンティアムとアスロンのクロック周波数競争で激烈なレースを繰り広げ、軽々とオーバー1ギガをクリアしているのに対し、アップルはいつまでたっても400メガヘルツ辺りをウロチョロと。

アップルびいきの私としては悶々としとったのですが、スティーブジョブズの出した答えは「500メガヘルツ×2=1ギカ!」会場は沸いたそうですが、ちょっと待てよ、と。

それはフィルタ処理みたいな用途限定の数字であって、CPU二個搭載してもやっぱ単一クロックを上げなくちゃダメじゃん。

と、思ったもんでした。

他にも次世代ゲーム機競争で、セガサターンが32bit×2で64bit級!

みたいな宣伝がありましたが、これもちょっと待てよ、と。胡散臭いぞ、と。

店頭デモでプレステのリッジレーサーとサターンのデイトナを見比べた時、一瞬で「サターン負けたな」と思いましたが、予感は当たっておりました。

まぁ私はセがびいきでしたので、プレステなど見向きもせずサターンで散財したのですがね。

今回のオキメグの「BLOSSOM」。日本語で花という意味だそうですが、思い返せば私は、メインストリームで花咲くことなく終わったものばかりに肩入れしてたなぁ、と。

そういうものばっか吸収しておりますので、ブログ界でもメインストリームに躍り出ることはないでしょう。今後もコアな人達に向けまして精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻の程を今後ともよろしゅうに。。。





渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ