Wink Especially For You

Especially For You

Wink Especially For You~優しさにつつまれて
発売日 1989年4月26日
型番 H30R-10001

1. エスペシャリー・フォー・ユー
2. ベイビー・ミー
3. 硝子の心~ハート・オブ・グラス
4. オンリー・ロンリー
5. テイク・ミー・トゥ・ヘヴン
6. おしゃれ泥棒
7. リメンバー・スウィート
8. ひきとめないで
9. 優しく愛して…
10. 涙をみせないで~ボーイズ・ドント・クライ

この「だめなやつら」の発端とも言うべきアルバム。あれは神戸の地下街であったか、古本探しの買い物がてら、何気なく見かけた、このアルバムの宣伝ポスター。

発売日、衝動的に「ジャケ買い」してしまった。

相田翔子が可愛かったからである(アルバムジャケ右)。いい歳ブッこいていたので、レジに並ぶ時は、少々恥ずかしかったのを憶えている。

一世を風靡いたしましたな。Winkは。このアルバムが一番売れたアルバムらしい。

で、しばらくは発売するアルバムを買い揃えていたのだが、息切れして途中で止めてしまい、引越しの際、知らぬ間に嫁さんが勝手に全部捨てていたのだ。

ムッキー!

歌唱力はなかったが、二人の声質が良かった。当時流行だったユーロビートが全編を貫き、ドライブ中に流すにはもってこいのアルバムである。

そんな思い出のつまった「Wink」。金平とのCD収集旅行で集めないはずもなく、2年かけてコンプリートに成功した。

中古ショップでも、だんだん玉数が減りつつある。今からオリジナルアルバムをコンプするのは、かなりシンドイ作業となるだろう。

今のヤング(死語!)に、ユーロビートはどのように届くのだろう。やはり薄っぺらでチャチに響くのであろうか。

我々の世代にとっては、ユーロビートはエバーグリーンである。シニータとか、バナナラマとか、マイケルフォーチュナティとか、耳にすれば若かりし頃と同様血がたぎる。

写真集も当時買ってしまった。であるから、相田翔子の水着のページだけ、端がビロンビロンになってしまっている。

で、熱烈なファンならお気づきかもしれぬが、相田翔子は水着ショットで大胆な「股間」を全く見せなかった。

斜め向いてたりとか、バスタオルとか巻いて、見事にかわすのである。

その「おあずけ感」がまた、80年代っぽいなぁー。と思うのだ。学生のルーズソックスや、ミニスカート出現以前の時代である。

学校は全員「スケバン刑事」みたいな感じだったのだ。

ベイビー・ミー、テイク・ミー・トゥ・ヘヴン、リメンバー・スウィート等、耳に心地良いナンバー多数収録。日本が豊かであった頃の、時代を映したアルバムだ。。。




ビバ80年代!に一票!

金平の最新単行本「ドキドキかねひらんど なんだかくん大全集」好評発売中!!

荻野目洋子 NUDIST



荻野目洋子 NUDIST
発売日 1992年11月21日
型番 VICL-357

1.REPLICAのKISS
2.ラストダンスは私に
3.いつまでもDON’T LET ME DOWN
4.NUDIST
5.Joy Luck Club
6.SMILE FOR ME
7.おねがい POST MAN
8.She’s just a rival
9.わかってないよねCHI,CHI
10.HIT IT
11.思い出のクリスマス

その、先日ご御紹介した、会社の友人「マサヨシ君」の件である。

彼は熱っぽく話すので、聞くこちら側としては、ついついそそのかされてしまうのだった。

今では自分で幕末関係の本を買って読むまでになってしまったし、こと「新選組」に関しては「マサヨシ君」より詳しくなってしまっているかもしれない。

その「マサヨシ君」が、また会社で熱心に勧めるのが「世界地図」である。

マサヨシ「地図はいいよー。いくら眺めてても飽きない。最近じゃグーグルマップとかあって手軽に見れるから、家でぜひ見るといいよ」

呉「世界地図はあんまし興味ないなー」

マサヨシ「地図を見てるとな、行ってみたいなー、と思う場所がいっぱいあるねん」

呉「例えば?」

マサヨシ「チンポー湖、というのがある!」

呉「チンポコ?(笑)」

マサヨシ「そうそう。前方後円墳みたいな感じで掘ってあって、チンポコみたいな湖だったら楽しいけどなぁ」

私はまるで勝海舟に教えを乞う坂本竜馬の如く、まだ見ぬ世界の話に対して熱心に耳を傾けるのである。

マサヨシ「他にはな、エロマンガ島というのもある!」

呉「ええなー(笑)島中がヌーディスト村みたいになってたら、ぜひ行きたいやね」

マサヨシ「フルチンで早朝ジョギングしてて、ご近所さんに「おはようさん」って爽やかに手をあげて挨拶するねん」

呉「で、隣に住んでいる若妻が、中腰で庭の花に水やってるねん」

マサヨシ「君、エロいなー(笑)

呉「ヌーディスト村やから、それが日常の光景やろう」

マサヨシ「他にはパンティっちゅう地名もあったなぁ」

呉「住民全員がパンティ頭に被ってるっちゅうてな」

マサヨシ「それ君、変態も入ってきてるで。まぼろしパンティ(by永井豪)と違うんやから」

呉「君、古いなー!(笑)

こんな感じで休憩時間に交わされる40歳同士の会話。こういうマサヨシ君が、僕は大好きなのである。。。


ヌーディスト村に一票!

浅香唯 Candid Girl

Candid Girl

浅香唯 Candid Girl
発売日 1988年6月1日
型番 32HD-24

1.C-Girl
2.Kiss of Fire
3.Sunrise to Sunset
4.Heartbreak Bay Blues
5.All My Love
6.Believe Again
7.Stay by Me
8.Cry On
9.Hold Me Tight
10.Forever

先日の「池田屋事件」パロディが、皆の賛同を得ておる。という勝手な解釈と思い込みによって、幕末物好きの読者にお届けする第二段と相成った。

それまで私は歴史好きとは言っても、ファミコンで狂うようにプレーした「信長の野望」の流れから、戦国時代のファンであった。

竹中半兵衛や黒田官兵衛に関連する書籍を好んで読んでいた。で、会社の同僚である「マサヨシ君」から新選組関連の本を差し出され「これをぜひ読め」と、ある日勝手に持ってきて押し付けられたのだ。「燃えよ剣」である。

一読、ハマった。ロマンがあった。100年程前の話である。残っているモノクロの写真も果てしなく郷愁を誘う。

大河ドラマで坂本竜馬をやっているおかげで、書店には幕末の関連本が多数並ぶのは、ファンにとって嬉しい限りだ。

今は古い探偵小説と幕末歴史小説を交互のペースで読む読書スタイルになっている。

貴方に生涯でぜひ読んで欲しい一冊に「燃えよ剣」を挙げておこう。

時は高校一年生の時、突然自宅に一本の電話が入る。

「もしもし呉くんですか?」

可愛い女の子の声である。面食らった。当時、彼女はおらず、むしろ渇望しておったくらいであったので、驚く反面、どういうことだ? と、この先の光に満ちた勝手なシナリオに一人受話器を持ちながらニヤける顔を抑えることができない。

「そうだけど、誰?」

「実は呉くんのことがずっと好きやってん。ファンやねん」

こんな素晴らしい一瞬が人生であるものなのかっ! 実は私は「イケ」てたのか!

「あ、ありがとう。で、君は誰?」

「そんなん恥ずかしくて、今言えへん」

「す、好きってどういうこと?」

「呉くん、スソ思いっ切り刈り上げて、上からマッシュルームみたいにしてツーブロックにしてるやろ? そういうとこ可愛いねん」

当時はそういう髪型が流行っておったのだ。若気の至りっ。

「率直な女の子やなぁ(Candid Girl)」

「でな、明日学校の帰りしに、会って欲しいねん。その時に名前も言うし。駅前の「油小路ゲームセンター」知ってるやろ? そこの前でずっと待ってるから」

一方的な彼女の電話は、こちらの返事を待たずして切れた。

翌日、クラスのメンバーである高台寺党の皆に、事の経緯を伝える。

「良かったやないか。ラッキーやん。可愛いかったら尚更ええな」

鈴木三樹三郎が私の肩を叩く。

「でも、女子から告白を受けるパターンって、とんでもないブスの可能性の方が高くないか?」

藤堂平助は自分の経験を含めた意見を出した。

「なんかなぁ、うますぎるなぁ。話ができすぎてるような気もするけどなぁ」

篠原泰之進は一人懐疑的である。

「まぁまぁまぁ、可愛かったら付き合うし、向こうは恥ずかしいから一人で来てくれって言うてることやから、今日は一人で帰るわ。このままゲーセン直行するから、また明日報告するで、ほな、お先にな」

意気揚々と自転車立ち漕ぎで駅前のゲーセンへ向かう。

入り口の前、私は自分の目を疑った。とんでもない美少女ではないか! 軽くメイクをしているのか? ちょっとヤンキーの入った女の子だ。スカートの裾も思い切り長い。

向こうはうろたえている私を見つけると、私の目の前まで来て名札を確認した。どういうことだ? 私のファンなら一発で私と分かるのではないか?

「アホ一人で来たでー」

美少女のその声を合図に、見るからに凶悪そうな短ランを来た学生が4、5人、ゾロゾロと私を取り囲む。

「奸賊ばら!」私は叫ばずには入られなかった。

「おぅ、ワレ、先週このゲーセンでワシの連れが「ギャプラス」連続でプレイしてたら、「一人で何回やっとるんじゃ」言いながらイス蹴って、連れひっくり返って恥かかせてくれたらしいのぅ」

あぁ、ありました。そういうこと確かにありました。助け舟を求める気持ちで美少女を見る。ニヤニヤ笑っている。

こりゃ、あきまへん!

「ワシの連れ、ケンカ弱いけどな、小学校からのマブタチや。オマエの名札憶えててな、オマエの学校にもワシの連れおるさかい、電話番号調べてコイツにかけさせたんや」

なんという酷いことを。貴方たちには天罰が下りますよ。地獄に堕ちますよ。

「こんな人多い場所で、そういうイキったことしてくれるからには、かなり強いんやろうのぅ」

その言葉でヤンキー全員が笑う。チビリそうである。

そこからは今まで経験したことのない大量のゲンコツを、身体中に受ける羽目となった。

「ご冗談めさるな、ご冗談めさるな…」

薄れゆく意識の中で、私は「女の怖さ」というものを学んだのであった。。。

当然、次の日の学校は休んだ!

※追記1
 参考リンク
 油小路事件
 ギャプラス
 燃えよ剣

※追記2
 金平との「アイドルCD収集の旅」では、集めたCDは流し聴きする程度で、ドップリ聴き込むということはないのだが、この浅香唯のCandid Girlは出来が良かった。流石一時期トップアイドルに君臨しただけのことはある。ベストトラックは「Believe Again」

※追記3
 その盟友「金平」であるが、現在、何年周期かで巡ってくる欝により軽く発狂しておるので、衝動的に自身のブログを消去した訳であるが、親友の私はこういう場合、温かく見守ることにしている(笑)ここはぜひ1月29日発売の「ドキドキかねひらんど なんだかくん大全集」を皆さんに買って頂き、きゃつの精神の復調に御協力をして頂きたい所存である。
 

リンチはよくないよね! に一票!

坂上香織 ARE YOU READY?

ARE YOU READY

坂上香織 ARE YOU READY?
発売日 1990年7月25日
型番 TOCT-5749

01. OPENING
02. BABY I MISS YOU (ALBUM MIX)
03. いつもいつも (Crazy Lover)
04. マジック (Magic)
05. 最高のBIG NEWS (Young Generation)
06. 素敵な音楽 (One More Time)
07. ステキな夏の迎え方
08. Dear Best Friend (When will I see you again)
09. 砂時計
10. サガンはお好き
11. 瞳のダイアリー

小学校6年の時の事件である。が、実名を出すにはいささか抵抗もある内容であるし、もし当事者がこのブログを万が一見ていたとしたら、怒り出す奴が現れぬ、という保障は全くないので、登場人物は仮名とし、新選組のキャラクターを当て込み話を進める。

局長である私は、部下を日々小学校へ引率し、皆からの人望を一身に集めていた。

そこへ探索方の山崎が耳元で何やら話し出す。

「局長、どうも4年生の一団、松下村塾一派の吉田稔麿や、宮部鼎蔵らが集まってとんでもない会合を日々開いてるらしいですぜ」

「なに? どういうことだ?」

神社で缶けりに高じていた我々に激震が走る。そこへ丁度今話題のでたグループの一人、4年生の古高が人目を避けながら小走りで通り過ぎていくのを、部下の永倉新八がひっとらえる。

「白状しねぇか」

私の右腕である副班長、土方が睨みをきかせながら古高に詰め寄った。

「なんにもありませんよ。早く帰してください」

そのトレーナーの中のふくらみは一体なんでぇ。と言いながら、斉藤一が無理矢理服を引っ張れば、そこから滑り落ちたのは、あろうことかエロ本である。

「こっ、これは…」

隊士一同言葉を失う。薩長のエロ学習度はここまで近代化しておったか。幕府とは雲泥の差ではないか。

そこからは鬼の副長である土方の過酷な尋問がはじまる。

「どうしても言えねぇってんなら、その体に聞いてみるしかねぇなぁ」

その言葉にすぐさま反応して島田、原田の両名が古高を後ろから抑える。そうして土方は何のためらいもなく古高の半ズボンを足元までズリ下げた。境内でフルチンである。

「やめてぇーっ。話す、話すから」

古高から聞き出したのは恐るべき情報であった。池田屋橋に集結している4年生長州藩士らが、近隣で集めたエロ本を池田屋橋下に集め、5年、6年に内緒で日々閲覧している。という内容である。

「会津公(先生)に相談するか? 局長」

土方が笑いながら横に立つ。

「そんなことしてる間はねぇ、俺たちだけで御用改めに向かう」

隊士一同はそれぞれ枝を持ち武装する。私も虎徹を握り締め、武者震いを抑えながら池田屋橋へと向かう。

「各々方、準備はよろしいか?(ARE YOU READY?)」

隊士一同、無言でコクリと頷く。

「一同、旅籠改めであるぞ。歯向かう者は容赦なくシバく!」

その声におののき、4年生一同はパニック状態。バッタバッタと討ち取られ、形勢は新選組側の圧勝に終わった。

「何冊ありますか? 局長」

沖田が爽やかな顔で質問してくる。

「10冊はあるな、中には、な、なんだこれは、ウ●本ではないかっ!」

「す、スゴイ」

「今日のところは局長である私が一時預かり、明日から平等に順次貸し出しいたす」

一同「エエーッ!」

完全に職権乱用であった。

隠れながら二階の自室に運び込む。完璧に隠したと思っていたのは私だけであった。挙動不審を早くから見抜いていた母君は、私の部屋を探索、ブツは呆気なく見つかってしまっていた。

風呂から上がった私を待ち受けていたのは、洗濯叩き棒による生尻バットであった。

「ヒィーッ!」

「あんなもん持って帰って。全部表のドラム缶で今燃やしてるからなっ!」

な、なんということを、明日、皆になんと弁明したらよいのか。一人でガメた。と疑われるではないか。それより今度は私が皆にやられるではないかっ!

パチパチと夕暮れに本が燃える。ペチペチと叩き棒が尻に打ち下ろされる。これが俗に言う「池田屋事件」の全貌であった。。。


心情的にやっぱ佐幕派! に一票!

相楽晴子 BITTER KISS

BITTER KISS0001

相楽晴子 BITTER KISS
発売日 1986年11月21日
型番 32DH548

1.午前0時のSANDBAG
2.Teenage of Last
3.踊らせてトゥナイト
4.まいなぁBOY
5.KissでLong Good-bye
6.ステキな瞳のPretender
7.ヴァージン・ハート
8.Funky Monky Town
9.ビター・キッスをきめさせて
10.Cool Catと呼ばれた
11.バイ・バイ・ゲーム

今の人達からすれば笑いの対象になるやもしれませんが、四十路の青春時代、つまり今から25年くらい前の世相といえば、高校一年生でファーストキスもまだ。っちゅうのはザラでございました。クラスの男子大半がまだだったのではないでしょうか。

中学校一年でファミコンが登場し、裕福な子の家に下校時、集団で入り浸って、ゼビウスだの、アイスクライマーだの熱中し、ファミコン熱が一段落した頃、そろそろ性の伝道師が仲間内から出現します。

アキラの部屋に集まって、アキラの講義を聴きます。大きなクマのヌイグルミを女性に見立てて、キスは、こう斜めから行け! だのヌイグルミを使い、真剣に伝授します。

我々はそれを生唾を飲みながら必死になって脳裏に焼き付けるのです。来るべき日に備えて、恥をかかないように。ファーストキスを格好よく決めれるように。

いいか、オマエら。見詰め合って髪とかかき上げてやるのも効果的や! アキラは熊のヌイグルミを使って、髪をかき上げる仕草をします。遠目から見たら、完全にコントです。

最終的にはこうなるんやけどな。アキラは熊の大股を開き、真剣にモザイク級の動きを披露します。瞠目する一同。

さすがアキラは情報が早い。ああいうことになるのか。初めて知った。参加して良かった。皆、充実の面持ちでアキラ邸を後にします。

そうして高校一年の夏、ようやく彼女らしき女の子との交際がスタートします。アキラの紹介です。

その娘は県住に住んでいて、昼間は両親が共働きだったので、その娘の部屋に行きました。

チャンス! アキラから伝授された技を試す時が来た!

私は、教わった通り、左腕で彼女の肩を抱き、右手で髪をかき上げながら、軽く唇にキスをしました。

受講しておいて良かった。今のは格好よく決まったのではないだろうか。30分くらいチュッチュと繰り返しておったのですが、冒険心が芽生え、思い切り舌を入れてみました。

ゲボォーッ!

女の子は急な私の動きにビックリして、ゲロ吐く寸前でございました。ショックでした。

決まったんだか、決まってないんだか、未だに私のファーストキス体験はどっちつかずのままであります。味に例えれば「苦めのキス」ってことになるんでしょうな。。。


キスはやっぱレモンの味! に一票!

中村由真 Splash



中村由真 Splash
発売日 1988年6月21日
型番 33KD-132

1. 微笑みの5番
2. ひとりのHoliday Beach
3. 薔薇のアダージオ
4. 淋しさのミリバール
5. ジューン・ブライド低気圧
6. 千年の涙 (Album Version)
7. ひとときの水彩画
8. 青春のプリズム
9. ティーンネイジ・最終出口
10. 悲しみはほのかに優しく

定番の悪夢というものが何本かあるのだ。

忘れた頃にやってきて、目が覚めたら汗ビッショリ、みたいなやつ。大体の展開は同じなのだが、夢の中ではそれが現実なため、私は何の違和感もなく、その流れに乗っかって性懲りも無く嫌な思いをするのだ。

一つ目は「かくれんぼ中のアクシデント」。ゴミが山積みされた「夢の島」みたいな所でかくれんぼをしている。

「もーいぃーかぁーい」必死になって走る。どこだ、見つからぬ場所はどこだ?

目に付いたのは捨てられた巨大冷蔵庫。私はその中に飛び込む。

で、ここなら見つかるまい、とニヤニヤしながら身を潜め、確認の為冷蔵庫のドアを押してみるのだが、なんと開かない。

愕然としながら渾身の力で押してみるも、ドアは一向にビクともしない。

飛び込んだ拍子に冷蔵庫が動き、ドアの外側に他のゴミが引っかかった模様である。

「そろそろ帰ろーぜー」ご都合主義全開のグッドタイミングで、友達らが帰っていく。

「ち、ちょっと待ったれや、まだここにおるがな!」

ひとしきり暴れた後で、腕を組んで考える。内側からは開かない。友達は帰った。冷蔵庫に水、食料は無い…。

こりゃ死んだな

と、途方にくれて泣き続ける。という夢だ。

もう一本は、走っていて、そのまま空に向かって飛び込んで、平泳ぎすればそのまま飛んでいく、という夢だ。

これは爽快である。平泳ぎをかけばかくほど、高度は上昇していくのだ。が、ちょっと気を抜くとスコーンと落ちる。

で、また必死になって平泳ぎを続けるのだ。

平泳ぎで山を越えていく。その向こうには美しい湖が見える。その景色に見とれてしまい、気が緩んだ隙にどんどん高度が下がっていく、慌てて平泳ぎ全開でバタつかせるも、いつのまにか湖の水面スレスレで飛行している。

イカン! このままじゃ墜落する! もう手足は水に触れるか触れないかの所まで来ていた。水をはねながら(Splash)抵抗を続ける。

もうダメだ…。

そのまま着水。

ん? 待てよ。平泳ぎでエエやん。もともと水の中での平泳ぎやん。なんで飛べてたんや俺は。安心しきって今度は美しい湖で泳ぎを楽しむ。という夢だ。

昔は見た夢を、かなり前半からさかのぼれたが、この頃は起きた瞬間に夢の内容を忘れてしまっている。

まっこと寂しい限りである。。。


夢見るの好き! に一票!

酒井美紀 私の好きなもの

私の好きなもの

酒井美紀 私の好きなもの
発売日 1995/2/22
型番 VICL-622

1. そよ風の告白
2. ほら海が見えてきた
3. あなたの声が聞こえる
4. 私の好きなもの
5. 淡い欲望
6. 乙女の祈り
7. 未来の扉
8. 問題ないよ
9. 透きとおる
10. あした

私の好きなものは、以前なら色白でショートカットでボーイッシュな女の子、と答えたであろうが、あれからオラは修行した!

今はなんの迷いも無く「巨乳」と答えるであろう。

こういう話を会社の喫煙スペースで話をしていると、ノッてくる者4、5人、うち一人だけ「そんなものが好きだなんて」とプチ説教入りのコメントを返してくる奴がいるが、こういうタイプの人間を私は人生において信用しないようにしている。

そうやって眉をひそめながら他人を諭す奴に限って、プライベートではどんなマニアックな嗜好を持っていることか。実は自宅のパソコンのハードディスクには児童ポルノの画像が大量に保管してあった。とか、ムチとロウソクは定番でしょう。みたいな、仮に現場を我々が見たら「エエーッ!」というような事を蔭でやらかしているに違いないのである。

なら、おおっぴらに「巨乳派宣言」する方が、よっぽど健全である。

ものすごく巨乳な事務員がいた。斜め前に座っていたのだが、深いグリーンのタートルネックでタイピングするもんだから、ピチッとした服にボディラインがくっきり浮かび上がって、私は30分も見とれてしまった。

君は手を止めて何をやっとるのかね!

と言われるまで驚異の集中力を持続したのだ。

そういう衣装で出勤する女子もズリーィよぉ。男なら見るっしょ。悪いのは俺の方? そう言い切れるわけね? あーそうですかそうですか。

私は一体誰に対して弁明しておるのか。

説教同僚は「そんなとこマジマジと見るもんかね」みたいな顔で会話に参加してくる。

いやー、わからんぞ。私のほうが断然わかりやすいぞ。逆に危ないのはオマエの方だと思うぞ。

●教師、単位の足りない女子生徒にわいせつな行為をした疑いで昨夜検挙されまし…

●一流会社に勤務のサラリーマンが社内の女子トイレに盗撮カメラを設置した疑いで…

●公務員が朝の通勤ラッシュ時、混雑する車内で乗客の女性の体を揉み解し…

世間はこんなんばっかではないか。ニュースのご近所さんのコメントも「いつも挨拶してくれるいい方がまさかあんなことを」とか「週末は奥さんと買い物に出掛けていたのに、まさかあんなことを」とか「勤務姿勢も真面目でしたのに、まさか…」

みたいなオンパレードだ。逆に「いつか人を殺しそうな少年だと思ってましたよ」みたいな子が、道でうずくまったジィさんをおぶって横断歩道を渡ってやり、それをコメントしたバァさんが見て逆にフッとぶ。ってな事の方が、ニュースにならないだけで案外世の中の真理かもしれませんな。。。




尻より乳派です! に一票!

酒井法子 マンモス

マンモス

酒井法子 マンモス
発売日 1992年7月22日
型番 VICL-322

1.渚のピテカントロプス(マンモス・ヴァージョン)
2.チューズデイ・チキ
3.ビンボ・ナンボ・マンボ
4.おじいちゃん・イズ・ウォッチング・TV
5.好きだよ
6.やさしくしてあげたい
7.平気!平気!
8.今夜もニュース・ホリック
9.神のみぞ知るハートのゆくえ
10.リアル

酒井法子のマンモスである。マンモスと言えば「はじめ人間ギャートルズ」であるし、ギャートルズと言えば親父であるし、親父といえば猿酒を飲んだくれている姿に結びつく。

酒井と酒にちなんで、お酒についてである。親友金平ともよく話すのだが、我々は本当に酒に縁が無い。

タバコはお互い吸うが、酒の付き合いは30年になろうとしている交友の中でもほとんど無いといっていいだろう。

それでよく話すことがある。40にもなれば男は夜の街へとくりだし、スナックやキャバレーなどで愉しむものらしいが、ああいう店に行って心底楽しいモンなんだろうか、と。

まず、店に入って初対面の女性相手に何を話して過ごせばいいのだろう、と固まってしまう。

行った事がないので、空想で話を進めるとするが、自分なりに若い女の子相手にどういう掴みの第一声を放てばいいのか考えてみた。

1、お待たーっ!
2、趣味はなんですか?
3、さて、今日はどうやって私を愉しませてくれるのかね?

1、これは客観的に見て、やっぱりかなり痛い発言ではないだろうか。女の子の内心は絶対に「誰もオマエなんて待ってねーよ」であろうし、私の渾身の笑顔も宙ぶらりんになる可能性は大であろう。

2、これもいきなりどうかとも思う。見合い会場ではないんだし「オッサン私の趣味聞いてどーすんだよ。宝石集めとか言えば買うっつーのかよ」みたいに思われても、こちとらお金ないですから。

3、いくら客とはいえ、ここまで大上段から振りかぶってよいものだろうか。あまりにもリードしなさすぎであろう。引っ張ってくれる男性が好き、と言って女性はよく目を輝かせるが、引っ張られる男性はやはりみっともないものではないか。

結果、いくら頭をひねっても、結構なお金を出してお酒を飲んで、それ相応に愉しめる自信が、やっぱり沸かないのである。

あぁ、豪胆に夜の街で愉しんでいる男性が羨ましい。。。


君の瞳に乾杯! に一票!

島田奈美 SIXTEEN NAMI 3rd collection



島田奈美 SIXTEEN NAMI 3rd collection
発売日 1987年4月1日
型番 33CA-1429

1.Dream Child
2.Free Balloon
3.六月のエアポートで
4.夢のバルコニー
5.ためいきばかり…
6.春人魚
7.真夜中の遊園地
8.白い時間(とき)
9.おもいでの扉
10.眠れない夜のために

16歳(SIXTEEN)くらいの時だったろうか。

何気なく観ていたMTVで、失禁する程の衝撃を受けたことがあった。

家には私一人。そのバンドは「ネーナ」という女性ボーカリストのグループで、そのビデオの中でボーカルの女性のワキ毛が映っていたのである。何の前置きも無くナチュラルに。

私は言葉を失い、部屋で一人立ち尽くしてしまった。

だってそうじゃないですか。女性ってワキ毛が生えない生き物じゃなかったんですか?

それじゃあれか、明星とかで見かける松田聖子や早見優や堀ちえみのツルッツルの脇の下。あれは生えてるけど剃っていたっていうことなのか?

裏切られた…。何に対して裏切られたのかはよくわからないが、社会に裏切られたということか?

その歪められた感情の中で連続殺人を犯す青年の推理小説が一瞬にして浮かぶ。江戸川乱歩の「幻影城類別トリック集成」の「意外な動機」の項目の中にも、さすがに「女性にワキ毛が生えていたから」という動機はないであろう。

5分後冷静になって考えてみる。そんなアホらしい動機の小説など、やっぱりボツである。

しかし当時の私は、それこそ天と地がひっくりかえる程のカルチャーショックを受けたのであった。

純情で潔癖であった若かりし頃の私は「なんて不潔なのだ」と、怒りをあらわにした。世の女性は草木も眠る丑三つ時、誰にも見られぬ場所でワキ毛を剃っていたのか…。

社会なんてまやかしでごまかしだらけじゃないか。尾崎豊をよく聴いていた私は、あまりの衝撃にもう少しのところで盗んだバイクで走り出し、夜の校舎の窓ガラスを壊して回るところだったのである。

それでも、だ。

人間は成長し変化する。絶対と思っていたものが心の中で変化したり、趣味や嗜好も年齢とともに移ろうものだ。

子供の頃、あれほど嫌いだったナスビが今ではどうだ。みそ田楽をつけた焼きナスなんて、メチャクチャ旨いではないか。

女性の脇の下だって、今ではそれほど過敏に敵意をあらわにすることなどない。むしろ嗜好は一周している。

逆にどうだ。もしも長澤ま●みが化粧品のコマーシャルとかで、髪をかきあげるその時、脇の下にタワシ級の剛毛が生えていたとしたら。

今の私はそれだけで出る ということだ。

今回の島田奈美のサードアルバム「SIXTEEN」。なんの汚れも知らぬ天使のような島田奈美がジャケットに収まる。このポッコリほっぺの可愛さは、やはり当時最強。。。


ビバ脇の下! に一票!

金平守人 増刊かねひらんど

C3B1B9D4CBDCA5ABA5D0A1BC-27056.jpg

ぜひこのページを覗いて頂きたい。増刊かねひらんど

小学校からの親友、漫画家の金平守人のコミックビームではファイナルとなる単行本が1月29日に発売となる。

人生の折り返しはとっくに過ぎているだろう。これまでも、またこれからも、こやつとの腐れ縁は続いていくだろう。もし、悪徳業者が「ヤツに印鑑を捺させたら、謝礼として三億円差し上げますぜ」と、仮に言われたとしてもだ。

お断りする!

と、なんの躊躇いも無く言ってのけることのできる人生で唯一の相手。決めたのだ。こいつだけは人生で裏切らないでおこう、と。

もしかしたら嫁よりも私のことを理解し、知ってくれているかもしれない。

これまで生きてきたが、ここまで気の許せる「他人」というものは社会では得難い、というのが良くわかった。

だから軽薄な自分を律するのだ。こいつのために力になってやろう。

面白い、面白くないは個人差があるだろう。それでも絵の魅力というものは言葉の垣根をも越えるはずだ。

やつの魅力は「画」に集約される。これを言うと「せっかくネタで苦労したのに、オレは絵だけかよー」と愚痴をこぼすのだろうが、充分な魅力ではないか。

学生時代、やつの作った鉛筆画のホッチキスでとめたストーリーマンガにクラス中の誰もが心酔した。「大げさに言うなよー」と本人は否定するかもしれんが、そういう喧騒は当事者には得てして分からぬものだ。

私もマンガを描いていたので、ヤツの才能に歯軋りすることしきりであった。

耐えかねて私は文筆に転業し、二人の精神には穏やかなバランスが取られた。

金平のビームコミック最後の単行本、ぜひ買っていただきたい。世の中は本当に出版不況が続く。金平という稀有な才能も、資本主義という数字至上主義の前では整理されてしまうのだ

そりゃアイツのマンガは今までにドラマ化やアニメ化の候補に挙がったことさえない。それでもだ、オマエの絵は柔らかく魅力的だ。ここではあえて書かないが、業界人も結構隠れファンがいるそうじゃないか。

「自虐」というキーワードで括られ勝ちで、ダメな作家と思われ勝ちだが、舐めて貰っては困る。単行本一冊で消えていく漫画家など星の数ほどいるのだ。それで10冊以上も自分の名義の本を出せているんだ。もっと威張ってもイイと思うぜ。オマエは芯からの「漫画人」だ。

ストーリーに好き嫌いはあるだろうが、手にとって頂ければヤツの画の魅力を絶対に感じて頂けるはずだと断言しよう。

数字、成績、ノルマ、世の中は鬱陶しいよなぁ、金平。ベストセラーは無理としても、今までで一番売れたぞ、呉! って報告を聞きてぇなぁ。

どうぞ皆様、よろしくお願いします!

ribbon More Delicious~ribbon Best?

more delicious

ribbon More Delicious~ribbon Best?
発売日 1993年6月18日
型番 PCCA-00458

1. ビー・マイ・ダイアモンド!
2. ドゥ・ユー・リメンバー・ミー?
3. センセイショナル・ウィンド
4. 太陽に火をつけて
5. ディープ・ブレス
6. それは言わない約束
7. 亜熱帯ビーズ
8. 哀しい方の嘘
9. 嵐のくちびる~風を見たあの丘で
10. 愛のダイアリー

仕事で得意先を回ると、その会社のいろんな情景に出くわす。

小さなオフィスであった。男性社員が5、6人。で、紅一点ともいうべき女性事務員が一人。が、この女性事務員、お世辞にも可愛いとは言えなかった。

ポッチャリという形容からは肉もはみ出た、肥満系の事務員さんであった。顔も人のことを言えた義理ではないが、残念さが漂っている。

それでもこのオフィス、集金等で訪れるたびに賑やかで和やかな雰囲気であった。

男性社員が冗談か本気かスレスレの線でからかっているのか、女性事務員の「そんなこと言ってたら奥さんにチクリますよー」という返事で事務所内がドッと沸く。

別に男性社員からの好意を私は一身に受けている。という思い込みなどは無かったのであろうが、それでもこの小さなオフィスでマドンナの地位を独占し続けていた。

しばらくすると、新しい女性事務員さんが入社していた。

小倉優子系の美少女である。

オフィス内はミョーな空気に包まれていた。あれだけ和気あいあいとしていた事務所は何かギクシャクした感じがした。

「ちょっといいかなー」

男性社員が用事を頼む声で、古株のマドンナが振り返ると、男性社員は小倉優子の方を見ていて、古株事務員の言葉が宙に浮いている場面も目撃してしまった。

その直後に取った電話の声のトーンは1オクターブ上がっていた。

数ヵ月後、そのオフィスに出向いた時には、古株事務員は辞めてしまっていた。

オフィス内はこれまで感じたことの無い熱気と、合コン寸前の仲良しオーラに包まれていた。

わかる。わかるぞ! オマエの気持ち。

そうだ、誰も悪くない。誰のせいでもない。でもオマエのモヤモヤした気持ちは、私がしっかり受け止めてやったからなっ。

悔しいな、なんだか口惜しかったな。世の中は非情だな。

人間っつーもんは、More Delicious(もっとおいしい)モンに喰らいつくってことだな。。。


古株事務員さんに幸あれ! に一票!

中山忍 箱入り娘

箱入り娘

中山忍 箱入り娘
発売日 1990年8月1日
型番 CSCL1481

1.箱入り娘の嘆き~Reprise~
2.涙のピチカート
3.千年の難破船
4.ペパーミント・レインボー
5.ラメントNo.5
6.ホタル
7.僕がむかえにいくよ
8.記憶鮮明
9.銀の蓋
10.箱入り娘の嘆き

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

昨年の暮れからこっち、完全に呆けておりましたが、心機一転でございます。また一からやり直しです。

いろいろできる範囲でHDの復活を試みましたが、ダメでございました。個人的には「厄年」なので明けてほしくない新年ではありますが、今年は「吸収の年」と「現状維持」を目標とし、チマチマ頑張る所存であります。

今年も「だめやつ」をどうぞ御贔屓に。

で、新年一発目、中山忍 箱入り娘である。

あれは高校をでて間もなく、小遣い稼ぎの為にアルバイトをした時のことだ。

当時は景気が良かったので、なんの知識も経験もなくとも、結構職にありつけたものだった。

私が飛び込んだのは「鍵屋」である。乱雑な事務所で待機し、注文があれば白いハイエースで出掛けていって、鍵を紛失したドアを開けたり、鍵の無い部屋に鍵付きのドアノブを取り付けたりする仕事だ。

私は何もわからないので、30歳くらいの職人さんと一緒に行動し「あれを取って来い」とか「あの部品を渡せ」だのと、およそ「助手」とはいいがたいヒドイ扱いを受けながら毎日仕事に励んでいた。

その日の依頼は「更衣室に鍵を取り付けて欲しい」という注文であった。倉庫に行き言われるがままの部品をメモ片手に間違えぬよう車に積み込んで、いざ出発。

着いてみればそこは電気工具の販売店っぽい会社であった。机は7,8つあったが、男性社員は全て出払っており、事務所内にはピンクの事務服を着た若い女性が二人、店番兼電話番として居残っていた。

二人ともそれは美人であった。私たちは美を追求してます的な気位の高さが容易に読み取れた。

我々は早速作業に入る。するとそこへ50代くらいのオッサンが店内に入ってきた。

「あんな、姉ちゃん。このドリルの歯がな、使いモンにならんねん。同じモン今すぐ売ってくれへんか?」

「ちょっとお待ちください。この型はだいぶお古い型になりますので、発注をかけてからになります」

「急いでんねん。いつまでかかるねん」

「メーカーの在庫次第になりますので、いつ納品になるかは分かりかねますが、早速手配させていただきます」

「今ここにないんかいな、じゃあ入り次第ここに連絡頼むで。超特急やで」

「かしこまりました。入荷次第お電話差し上げます。どうもありがとうございました」

機嫌悪く店を後にするオヤジ。閉まる自動ドア。5秒間の静寂の後、私は信じられない光景を目の当たりにする。

「今のオッサン見た? ベルト、腹出過ぎてバックルが下向いてたで(笑)」

「それに「超特急」って何? いつ入るかそんなもん知らんっちゅうーの(笑)」

「ドリル同様、あのオッサンも使いモンになってるとは思えへんけどな(笑)」

私は自分の目と耳を疑った。さっきまであれほど丁寧に応対していた客に対して、この罵詈雑言はどうか。設楽りさ子風の事務員と山田優系の美人事務員はキャッキャとはしゃいでいる。

どう見たって「箱入り娘」であろう。

こんなカワイイ子達が、客であるオッサンをあんな汚い言葉で罵るもんだから、ドアノブの取り付け作業をしていた私の股間はそれはもうギュンギュンに…、ってダメか? こんなことじゃ人間失格か?

閑話休題。女子事務員の二人はまだ悪口を続けている。我々のことは眼中にないようだ。それもそのはず、ドアノブの取り付け作業に集中している我々は、彼女達にとって、完全にオフィス内の一オブジェと化していたからである。

風景に同化していたのだった。

それにしても恐ろしかった。こんなカワイイ子達が、これほどまでに態度が急変する事実。

「さぁ、取り付け終わった。帰るぞ」

無口な職人さんはかかった経費を無愛想に告げてお金を貰っている。寡黙な先輩であった。

これではサービス業として問題があるのではないか? 私は先に出て行ってしまった先輩になりかわり、振り返るとひきつり気味の顔を精一杯の笑顔に変えて挨拶した。

「どうもありがとうございました」

「お疲れ様ーっ」

かわいい二人のハーモニー。閉まる自動ドアを背に私は想う。今頃どんな汚い言葉で私を罵ってくれているのだろう。きっと言われているのだ。笑顔が気色く悪いとか確実に言われているのだ。

これを読みながらニガ笑いしている貴方。貴方もそうですよ。自動ドアの後ろではきっと美人にけなされているのです。。。


美人は怖い! に一票!
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ