ラ・ムー THANKS GIVING

THANKS GIVING

ラ・ムー THANKS GIVING
発売日 1988年9月14日
型番 80309-32

1.Rainy Night Lady
2.Carnaval
3.夏と秋のGood-Luck
4.Two Years After
5.少年は天使を殺す
6.One And Only
7.Tokyo野蛮人
8.片想い同盟
9.Late Night Heartache
10.Love Talk

兄「おぉー、久しぶりやな」

弟「おぉ、兄ちゃんかいな、どないしたんや?」

兄「なんや、オマエ、寝てたんかいな、もう昼やど」

弟「しゃあないがな、昨日夜勤やったからクタクタやねん」

兄「最近どないや? ってオマエ、これXBOX360やんけ! どないしたんや? こんなもん」

弟「あぁ、それか? パチンコで取ってきた。ええやろ(笑)」

兄「ほぉー、やりよるなぁ、で、配線はどないなっとるかなっと」

弟「なに後ろゴソゴソやってるねん」

兄「お、オマエなんやこれ、黄色のビデオ出力で見てるんかい」

弟「アカンか? たかがゲームやろ?」

兄「オマエ、アホけ! 一体何考えてるねん。なんのために高い金出して自分の部屋に液晶ハイビジョンアクオス置いてるねん」

弟「ど、どないしたんや? 何怒ってるねん」

兄「ええか、出力っちゅうもんはなぁ、黄色のライン出力やろ、エス端子やろ、D端子やろ、HDMI端子なんや。オマエは最低のランクで映像を見とるんじゃ」

弟「兄ちゃん何熱くなってるねん。かまへんから、別にゲームくらい」

兄「はがゆいわ! ちょっと一緒に来い。電気屋いこ、ケーブル買いに行くど」

弟「何言い出すねん。ワシ今起きたとこやで? ヒゲも剃ってないし、だいたい夜勤あけでクタクタやねん。どうでもエエやん、画質なんか」

兄「オマエ、たいがいにしとけよ、その杜撰なところ直していけや、寝起きってジャージ着てるやんけ、ワシが運転したるさかい、横に乗っとけ、さぁ行くど」

母「ちょっとー、帰るんなら漬物持って帰りやー」

兄「また帰ってくるがな、置いといてー」

弟「ほんま、兄ちゃんはマニアックなんやから、もうシンドイねん、ほっといてくれんか?」

兄「電気屋まで五分もいらんがな」

弟「もうお互いエエ歳なんやから、深く干渉せんといてくれや、子供の時みたいにいつまでも命令口調やし主導権握ってるし」

兄「はいはい、着いたがな、電気屋着いたがな」

弟「ケーブルなんて欲しくないし、無駄な出費は抑えたいねん」

兄「これや、これがHDMIケーブルや、オマエこれ買え、兄ちゃんが取り付けたるさかい」

弟「な、何これ? ケーブル1800円もするやん、イランイラン。こんなもんイラン」

兄「騙された思うて買え。気に入らんかったらワシが買い取ったるさかい」

弟「ええかげんにしてくれや、もう店内で大声恥ずかしいから買うから早よ帰ろ、ホンマ眠いねん」

兄「ただいまー」

母「アンター、漬物持って帰りやー」

兄「まだしばらくおるがな。置いといてー」

兄「さぁ、これで接続しちゃる。映像ダンチやど!」

弟「ほんま、しょうもない事に詳しいなぁ、どうせエス端子に毛が生えた程度の大騒ぎやろ、昔から兄ちゃんそうやん。エス端子でゲームやれ、ってワシ言われてやってみたけど、違いわからんかったわ!」

兄「ゲームディスクは入ってるな、ええか、目に焼きつけとけよ、どや、このオープニング。ボヤーっとしてるやろ」

弟「充分綺麗やんか。ファミコン時代に比べたらメッチャ綺麗わ」

兄「目に焼き付けたな、で、これがHDMI出力の映像や、ちょっと待てよ、これをここに付けてっと、どや」

弟「な、何これ、メッチャ綺麗やん、輪郭もクッキリ出てる…」

兄「どや、兄ちゃんの言うた通りやろ!」

弟「これがハイビジョンのゲーム出力なんや、ホンマ凄いなぁ」

兄「で、オマエこのゲームってなんやねん、デッドオアライブのビーチバレー?」

弟「(笑)

deador.jpeg※参考画像

兄「お、オマエ、これほとんど全裸やんけ!

弟「兄ちゃん、ホンマ凄いわ、乳の輪郭とかクッキリ見えるわ。ここまで綺麗に映るとは思ってなかったわ。ありがとうホンマありがとう。感謝祭(THANKS GIVING)やわ」

兄「で、どないするんや?ケーブルは買うんか?」

弟「あっ、悪かったな、立て替えてもらってたんやな、これ、三千円、受け取って」

兄「多いがな、あれ1800円やで」

弟「ええねん、貰って、知識代と接続手間賃込みや」

兄「ええんか? サンキューな(笑)」

弟「眠気も吹っ飛んだわ。今から狂ったようにプレイするから(笑)。ホンマありがとう」

兄「ほな、帰るわ、また遊びにくるでな」

母「漬物忘れんと持って帰ってやー



感動の兄弟愛に一票を!

だめやつツアー2010春 エピローグ

完全に誤算であった。

だめやつ隊のルート取りが、ここまで狂う旅は初めてである。事前に相棒である金平がポータブルナビにセットした、珍し系のショップは、ことごとく潰れてしまっていた。

過ぎ去った時間は帰らない。

出発前のルンルン気分は、一体どこへ消えた!

お外は真っ暗、車内は沈痛なムードに抱擁されている。小6から仲良く遊んでいるはずなのに、奴との仲も微妙に気まずくなっていた。

♪やーく年ふぅーたぁりぃー、バーロローオムーッ♪(バロム1オープニングの替え歌で)

全てが厄年のせいであった。この二年間は新しいことや高望みをせず、大人しく過ごさなければならなかったのだ。天罰である。私もアイツも、単行本がもっと売れてほしい、とか、お宝ザクザクゲットしたい、とか、ブログ読者がギュンギュン増えてほしい、とか、嫁さんに優しく接してもらいたい、とか、自分に都合のいいことを望んではダメなのだ。

耐える二年間を享受せねばならんのだ!

朝から出て、買った点数は極僅か。レアアイドルも、サターンのプラドルシリーズも、岡山まで出張して何もゲットできてはいない。

呉「帰ろ、か…」

金平「せやな…」

蚊の無くような声!

反省点は山ほどあった。これを書いている時点ではわかるのだが、ツイッターの利便性を活用し、リアルタイムで珍しい店やラーメン店を教えてもらえばよかった、とか、出発前にブログで行き先を告知し、地元の穴場であるリサイクルショップを教えてもらうとか、いろいろできたハズである。

あまりにも無計画すぎた。

負け戦とはまさにこのことだ。帰る途中寄ってみたブックオフもダブりばかりで収穫無し

IMG_5455.jpg

幸運の女神からラリアットされるだけの二人である。

そうして最後のあがき、前方に万歩書店の東岡山店が見えてきた。

呉「どうする? スルーする? 今日はとことんダメよなぁ」

金平「時間も時間やしなぁ、でもせっかく来たし、ここだけ寄って姫路帰ろか」

IMG_5459.jpg

店内を夢遊病のように彷徨う二人、痛めつけられすぎて、だめやつ隊本来のはつらつさは微塵も感じられない。

うろつくこと五分、私はサターンのコーナーで立ち止まり、まばたきもせず失禁、いや射精寸前の歓喜に包まれる。

呉「かっ、かっ、金平ぁ!」

金平「どないしたんや?」

呉「あ、あった。持ってないプラドル二つもあった!

IMG_5460.jpg

手を取り合って喜びを噛み締めあう二人。よかった、やっぱり岡山に来て良かった。脳内に大音響で流れるロッキーのテーマ。岡山最高!

呉「も、もひとつあった、夢野久作ワンダーランド! ずっと探してたんや! これで三つ揃った!!」

IMG_5467.jpg

金平「ワシは探偵小説に興味ないからわからんけど、取り敢えずおめでとう」

最後の最後でポテンヒットである。駐車場で余韻に浸る。そこで気が抜けたのか、一日の疲れがドッと押し寄せてきた。二人とも今年40歳、昔はこれくらいの日帰りツアーなど、なんともなかったが、体力の衰えは確実に実感できる。

結局事故を起こすといけないので、急遽ラブホテルに宿泊し、疲れを癒して二人は姫路に帰っていったのであった。

だめやつツアー2010春篇、完


次の名古屋ツアーは頑張る、に一票を!
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ