相川恵里 O・T・O・N・A



相川恵里 O・T・O・N・A
発売日 1989年1月11日
型番 CT325372

01.純愛カウントダウン ~気まぐれバージョン
02.Ojection -意義あり-
03.LOVE BEAT
04.A-BU-NA-Iバージョン
05.想い出のマリナ・アヴェニュー
06.SHOCK ME
07.HOSPITAL
08.センチメンタルおことわり
09.SHYNA BOY
10.タイタニック・シンドローム

そのなんていいますか、皆さん。要するに蝶ですわ。

蝶。

バタフリャーだぎゃあっ!

なんで唐突に名古屋弁やねん! バタフリャーて!

外国の街角で叫ぼうもんなら、あなた。黒人ラッパーに中指立てられて射殺ですよ。バタフリャー? ガッデム! ファッキンジャップ!ですよ。

老婆心から言うときますわ。と、オッサンがしたり顔で言う老婆心。聞いた人が匿名でJAROに通報。逮捕。涙目の会見。止まらぬフラッシュ。後ろに汚い字で「敗訴」

横で全然知らんおばはんが、マイクで拾うか拾わないかのギリの音量で寄り添う耳元指示。

「…、はい、…、もうしません!」

吉兆か!

とんだ茶番。

蝶だけに話がどんどん違う方向に飛んでいきますなぁ。

オッサン誰やねん。なに呑気なこと言うとるねん。決まった!って顔してるけど全然うまいこと言えてないやんけ。軌道修正せんかい。

ですからあれですわ。サナギから蝶に変態する今がその時期なのですわ。

嫁とのですね、出来事を書き綴ったエッセイ作家から、純空想のお話作りの物書きへとね。

「日記みたいなもん書いて連載になって本が出てサラリーマンの給料プラス印税が儲かっていいですね。私もやってみようかな」

という読者さんからのメールを大昔に頂きましたよ。いい思い出です。すべてがいい思い出です。

サラリーマンを続けていただけでは絶対に味わうことの出来ない人と繋がりは好評、嫌味含め、すべていい思い出ですわ。

なんで今になってサナギになったのか? ですよね。本題は。

芋虫のまま葉っぱ食べてたらよろしいやん。日陰の安全圏で。っちゅうことですわな。

でも食いっぱぐれはないかもしれませんが、それじゃあ人生、永久に飛ぶ事なんてできませんやん。

「アホなこと言うて」

こういう冷静な分析でここまでやってきた人生でしたよ。私は慎重な男なのです。

それでもなんでしょう。消極的だったはずなのですが、自分の人生は結局自分でしか舵をとれませんやん。「お前が舵を取れ!」と急に長渕さんに言われても困るって話ですよ。

やるのと、やらないのと、どっちの人生選んでみようかな。こういう事を改めて考えてみたわけですわ。

で、「やる」と決めてみたのです。

犠牲もありますよ。大切な休日の余暇を奪われていくのですから。最近買ったボーズのスピーカーで大好きな音楽を鳴らしながらコーヒーを飲む二時間とか。

オールドゲームを引っ張りだしてあれやこれやソフトを入れ替えて遊ぶ至福の時、とか。

そういうのをやめて、限られた自由時間を小説執筆に充ててみようと。

「夢に向かって進んでみます!」

こういう宣言はですね、私見ていて恥ずかしくなる。というのが見る側からの率直な意見ですわ。ちょっとは感心しますが、失敗したらオモロイな。という自分もいます。誰だって気持ち半々でしょう。

そういう宣言を人がするのを見て、徐々に成功へと向かっていったら、さすがに私も感動するでしょうけど。

まぁとにかく全てが初めての航海ですしね。処女航海です。処女!なんて破廉恥な!

三角メガネの中年女の出航を邪魔するほどの金切り声。実はそのおばはんもバージンだったという方がショック。

ショック、ショック、ショック、バージンショック!

全てが悪い方の意味で。

「まだでしたん?」「コクリ」コクリじゃねーよ。

今の会社が嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で

仕方がない人は、なんとか知恵を絞って現状を打開することも考えるでしょう。私がそうです。

「俺だってサラリーマンやめて夢に向かって進みたいわ。夢で儲けたいわ」

言うだけやん。あんたは。ポーズやろ?そんな言い分。結局明日も会社行くやん。行けるやん。そこまで思い詰めてないねん。受け入れられる現状やねん。

私は何に向かって放熱しているのでしょうか。わからなくなってきたので、サプリのカルシウムを噛んできます!


いつもボタン押してくれてどうもありがとう。本当に自己啓発で人生が変わるのか?しかし行動を起こすのは自分自身。一回だけの人生、ちょっと何かやってみようっと。

姫之樹リカ GOLDEN☆BEST



姫之樹リカ GOLDEN☆BEST
発売日 2006年3月21日
型番 UPCY-6121

01.硝子のキッス
02.ときめいて
03.もっとHurry Up!
04.アンバランスに抱きしめて
05.ロマンの騎士
06.スタンド・バイ・ミー
07.地上の楽園
08.Fairy Tale~おとぎ話~
09.夕映えのシルエット
10.DAY BY DAY
11.そよ風のささやき
12.HERE WE GO!~片思いからはじめよう
13.時間を止めて
14.不思議な彼
15.星空のデイト
16.Marbles
17.涙の針と風の糸
18.涙みたいな気持ち
19.碧いプラネット
20.気ままにダンシング

しばらく再び読書モードへと沈んでおりまして、ここに出てくるのもすっかり久しぶりになってしまいました。

相変わらずシコシコと自分の「小説」をこっそり書いておるわけでございますが、自分で書き始めて気付く、先人たちの技巧の数々。

作り手となった目で見えてきたものとは、あなどっていた作家のブレていない視点、説得力のある力強い人称、簡潔な状況描写。

で、自分の作品を振り返ってみまして、ウヘー、とポキポキ自信が折れていくわけでございますよ。

それでも「日常にあった嫁との出来事」を書き続けておよそ十年、鳴かず飛ばずでもお情けで単行本を四冊出せてもらえた微々たる力を改めて自分に言い聞かせて「付け込む隙は絶対にあるはず」とあきらめずに書き続けております。

あの、大、松本清張とて、デビューは48歳である。そこから千冊の作品を物にした。

それより五歳も若いではないか。などと安心している場合ではない。まだまだたくさん読んで書かなければならない。

ヴァン・ダイン、エラリー・クイーン、アガサ・クリスティと読み進めてみて、やはりクリスティだ、と心酔しておったわけですが、先日クイーンの「フランス白粉の謎」を読み終えまして、これが大層面白かったわけであります。

あぁ、こういう証拠をチマチマと理詰めで考える面白さ。組み立てるのは大変で量産は効かないだろうが、醍醐味だなぁ。と改めて王道の良さを再確認した次第。

狂人のたわごとにならないよう、以前からここで公言して自分を追い込んでいる「ミステリーの長編小説を書いてみせる」という件。

相棒の漫画家、金平が渾身の力作「エロ漫の星上・下」を発表し、私は正直二度目を読む事なく屋根裏部屋の段ボールへと封印した。

作者の気迫とやり遂げた感が分かりすぎて悔しかったからである。

その返礼をしなければならない。

ここはしばらくそういう報告と読書ノートになりそうです。それではまた!


いつもボタン押してくれてどうもありがとう。四十歳でも夢を諦めることなどない。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ