松本典子 Straw Hat




松本典子 Straw Hat
発売日 1985年07月21日
型番 32DH 264

01.いっぱいのかすみ草
02.ふたりだけのNEWSのままで
03.ジンジャー
04.なるほどネ!!
05.春色のエアメール[Album Version]
06.Good-bye あなた色の街
07.木もれ陽のフェアリー
08.グリーンの夏
09.青い風のビーチサイド
10.レモネードの午后







 成し遂げた。遂に店頭で見つけてしまった。昔からこの『だめなやつら』にお越しの皆様にはご承知のこととは思うが、遂に、千葉のブックオフで、松本典子のファーストアルバムCD『ストローハット』を店頭で見つけてしまったのだ。

 苦節七年である。見た瞬間、店内で奇声を発してしまった。

 ありとあらゆる店で確認してきた。『ま』の行を、くまなくチェックしてきた。無くて当たり前だった。見つけた瞬間我が目を疑った。

 四十七歳の私の、四十代におけるライフワークであった。

 嬉しさと、大いなる喪失感、それは長年掛けてきた達成感によるものだが、ちょっと言葉にできない脱力感に見舞われている。

 リングサイドでお嬢様が言うのだ。『他の人は観光やグルメで楽しんでいるのに、何故あなたは旅先で松本典子を探し続けるの?』と。CDを手にして私は言わねばなるまい。『燃え尽きたぜ、真っ白にな』と。

 コーナーポストで項垂れて、真っ白に。こう表現しても決して大袈裟な話ではないだろう。七年間である。なんなら尿と大便も漏らしているかもしれない。リングサイドで弛緩しきっているのだ。

 大いなる虚脱感。

 パーマンがバードマンのパー光線を浴びて、両目が別々な方向を見、ヨダレを垂らし、これも尿と大便を漏らしているような虚無感。

 あの『ま行』を確認するルーチンが無くなったのだ。という喪失感。

 この前の四国一周ブックオフ巡りでかすりもしなかった最難関のCD。

 相棒の金平が、別働隊として東京のめぼしい中古ショップを探しても無かったのだ。まさかの千葉だった。

 今から思えば東京は住む所ではなく働きに出る所、その働き手が大勢住む街、正解は千葉だったのだ。

 あなたの街のブックオフを確認してほしい。松本典子の『ストローハット』は無いはずだから。

 ネットを使わず、自分の足で見つけるシリーズも、ここで一区切りである。

 次の目標を見つけなければならない。理由はなんでもよいのだ。相棒と車に乗って、城巡りと、周辺のブックオフをしらみつぶしに巡る。こういう漠然とした旅でもいいかもしれない。

 ネットの中古価格も結構高めの値段が付いている。見たら即買い、の一枚である。




いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ