立花理佐 ゴールデン☆ベスト





立花理佐 ゴールデン☆ベスト
発売日 2013年11月27日
型番 TOCT10909


01. 疑問
02. 月曜日に雨は降らない
03. 大人はわかってくれない
04. 瞳に天気雨
05. キミはどんとくらい
06. 17%のKISS
07. サヨナラを言わせないで
08. クレヨン’S HILLへつれてって
09. 刹那主義
10. 内気なガール・ハント
11. リサの妖精伝説 -FAIRY TALE-
12. リサの妖精伝説 -BE-BOP HIGHSCHOOL-
13. 最高の一日 ~One Day~
14. 半分恋人
15. スロー・ダンスは踊らない
16. 恋より近くに
17. 愛が待ちきれない


【アルバム一口メモ】立花理佐の歩みを知ることができるベスト盤。中山美穂に近い『少しツッパリ』なイメージで売り出そうとしたデビュー期から、少しアイドルポップに近付いた『キミはどんとくらい』が一番知られている曲だろうか。私はレトロゲーファンなので、ファミコンのディスクシステムのゲーム『リサの妖精伝説』がなんといってもベストトラックである。


 さて、最近はですね、ちょっと早い夏バテと闘いながら、次のKindle本の準備をしておる次第であります。出来れば九月、秋頃には一冊出せればな、と思っております。

 Kindle様のお陰で小銭が入って参りまして、吸収のための書籍代とさせて頂いております。そしてこの『だめなやつら』のCDや本のアマゾンリンクも、知らぬ間に軌道に乗っておったようで、先日びっくりするくらいの(予想を超えた)収入がありました。

 皆さんが義理堅く、ここのリンクを通過して本やCD等を買ってくださったお陰であります。やはり人生、面白い作品は『読まねば』なりませんし『紹介せねば』なりません。

 ここで本日ご紹介する本です。戸川昌子の『火の接吻』です。





 もしかしたら、今年読むミステリーの一位になるかもしれません。暫定一位です。ちょっと凄い物を読んでしまった…、というのが正直な感想です。結城昌治の『公園には誰もいない』が暫定一位でしたが、ひっくり返しましたね。

 女流作家を一段低く見ているつもりはないのですが、全体を通して鬼気迫る積み重ね芸を達成しており、粘着的に執着的に、何度も事件の様相がひっくり返っていきます。

 そうして読了後『あぁ、この真相しかないだろうな、思えば何度もヒントは目の前でチラついていたな』と、大きな溜息とともに思い返されるのでした。

 事件自体はシンプルなのです。三人の子供が五歳の時、マッチで火遊びをしていて、その火が屋敷に燃え移り、少年の父親が焼死した。というもので、物語は26年後、その三人が消防士、刑事、保険会社の御曹司、となって奇妙な運命の糸に引かれていく。というものです。

 物理トリックが、アリバイが、という類いで頭をひねる話ではなく、よくもまぁこんなシンプルな題材でここまでひねくり回した作品を構築できるな、と感嘆すること請け合い。読み終えるまでに事件の全体像を予測できる読者は、ほとんどいないでしょう。実際、私は本当の黒幕が誰なのか、全く予想が出来ませんでした。

 そうして何よりも考えさせられたのは、男は何歳になっても子供心を失わず、ウブで、愛という幻想を信じてみたい、と思う生き物で、女を冷酷なまでに『打算的な生き物』として描いているところです。

 それぞれの人物の視点で章が展開し、エピローグでは新聞記事の切り抜きで呆気なくその後、の報告があるのですが『悪』に生きようとした者に強烈な肘鉄を食らわせています(大金を取り損ねた)しかし、その記事のすぐ横で、またしぶとく打算的に生きる報告がなされ『知らない』ということは幸せなのか不幸なのか、みたいなことも考えさせられます。そうして男の描く『ハッピーエンド』みたいな突き抜けではなく、人生の皮肉や運命でギリギリ悪に鉄槌を下ろすのも女流作家ならではだと思いますね。

 何を言っているのか伝わりませんね、読了後にまたお越しくだされば『なるほどな』といったコメントだと思っています。

 しかし、これは私のタイプでしたね。クリスティ的、といいますか、結局私はトリックやアリバイよりも、何が起こっているのか、この違和感は何なのか、終盤に払拭されるのだろうか、とか、探偵が疑問や推測を犯人に向かって投げかける時の、暴く者と暴かれたくない者の心理の駆け引きがたまらなくドキドキして好きなのだな、ということに改めて気付かされた一冊だったのです。

 そうしてこれは、私が嫁さんに怒られるリアルな日常、私の秘密の買い物や小細工をすぐ見抜き、ネチネチと畳みかけて罪を暴く、ウチの鬼嫁との日々に近いから、こういう作品が好きなのかな、という自己分析をしてみたりとか…。

 あんまりこういう身もふたもない紹介の仕方は芸が無いですが『死ぬまでに読みたいミステリーの一冊』と言ってしまっていいでしょう。



いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

南野陽子 Pearl Tears




南野陽子 Pearl Tears
発売日 1992年3月25日
型番 SRCL2352


01. 思い出を思い出さないように
02. 真夜中のメッセージ
03. さよならのめまい
04. 雨のむこうがわ
05. 話しかけたかった
06. 涙はどこへ行ったの
07. 星降る夜のシンフォニー
08. そして、またイヴがきて…
09. 呼びすてにしないで
10. これっきりにしよう
11. Hello!Goodmorning
12. サマー・フレグランス
13. ダブル ゲーム


【アルバム一口メモ】未発表トラック『これっきりにしよう』を収録したベストアルバム。今でも綺麗な美魔女、南野陽子のベストアルバム。決して歌が上手いとは言えない、独特の鼻にかかった甘いボーカルが一番生きている『涙はどこへ行ったの』が個人的なベストトラックである。


 会社から受講費用を出して貰って資格を取り、無事合格したのはよかったが、おかげで土日の休みは潰れ、一週間以上休みの無い状態になってしまったのである。

 今日はようやく休みが取れて、ゆっくり寝床から起き、プライベートタイムは何をどこまで進めていたっけ? とボンヤリ考えながら色々なことを片付け始めながら、小休止でこの『だめなやつら』更新作業である。

 まず、会社から帰って、寝る間に三十分の自由時間もない十日間であった。読みかけだった橘外男の『陰獣トリステサ』を一週間掛けて漸く読み終えたのであった。

 これくらいの中編に一週間もかかるなんて、と速読の方から笑われてしまう読書スピードなのだが、橘外男の文体が原液カルピスの如く濃くて(笑)必殺の文体である『饒舌体』も乗りに乗っており、寝る前の数分、疲れを押して読み続けた(台詞はほとんどなく、本を開けば主人公の心象描写でビッチリと埋められているイコール読み疲れる(笑)







 物語のあらすじを紹介しておこうと思うのだが、かなり古いエログロ作品なので、差別用語のオンパレードなのだ。迂闊にそのまま転載できない記述満載で『こんなもん紹介文書けるかいや!』と叫びたくなる内容である。

 苦学して銀行の頭取にまで上り詰めた主人公はびっ○で…、ほら、ここにも罠が。片足が不自由で、幼い頃、遊んだ綺麗な女の子が、無邪気に遊んでくれていると思い込んでいたのに、物陰から『憐れみで付き合っているだけ』という少年の心を張り裂けさせるには充分のショッキングな告白を盗み聞き(このエピソード、これだけ濃密にいる? とも思うのだが)勉強に打ち込んだ人生だった。

 そうして一目惚れした若い女性に求婚し、四十代と二十代の年の差婚なのだが、この女、金目当てで結婚しただけで、若く弾けそうななまめかしい肌に、一度も触れさせない悪女なのである。そうして金は湯水の如くバンバン使う。

 主人公は気弱なので、ちょっとしたミスでも女に突っこまれ、ただ『あうあう』となるだけで、全く反論できないのだ。そうして再び銀行の金で豪遊をする。

 ここまで贅沢させているのだから、一度くらいさせてやってもよいではないか、と読む方が哀れむほどの悲惨さである。

 贅沢は止めない、その上夜は別室で寝て鍵をかけ、寝間着姿さえ見せない。主人公はしたくてしたくて悶々として夜も眠れず、真っ暗な廊下をフラフラと彷徨って、嫁さんの扉の前でボーッと立ち尽くすだけなのだ。なんといういじらしさ。

 そうして妻は豪遊仲間から珍犬の噂を聞きつけ、主人公に初めて甘えた声で寄りかかり、法外な値段の犬を買う。主人公は上機嫌だ。『やっと甘えてくれた。どれだけ高くとも買ってやろう』みたいな。

 で、案の定、買ったら速攻で主人公ガン無視である。ほら、言わんこっちゃない。読む方はそんな予感がしていたのだ。『志村後ろ』の声援に似た感情を持ちながらページをめくる。

 で、この犬、改造に改造を重ねた、女性と性交するために特化した陰獣なのであった。それは長時間持続し、人間の男性では到底得られない快楽を女性に与え続け、一度味を知った女性は、それこそ阿片中毒患者の如く云々、と、これまた橘外男の濃密な『饒舌体』で使用レビューが語られるのだ。女性は『☆五つものですよ』と。

 で、金持ち婦人との書簡とのやり取りを、探偵使って盗み見た主人公。今では迂闊に書けない身体的特徴を侮辱する言葉のオンパレードで主人公は笑いものにされ、あんな男トリステサ(陰獣の名前)以下だ、あいつは犬畜生以下の人間だ、と笑われていることを知った主人公は遂に怒髪天。

 ここからは今までの鬱屈が爆裂した復讐劇に向かって、物語はカタルシスを迎える。なんせピストルを突きつけて『全部脱げ』と命令して『探偵を使ってお前が犬と何をしとるのか、こっちはとっくにお見通しじゃ!』とばかりに『今ここで毎晩鍵をかけてやっとることを、ワシの目の前でやってみろ』と強要。

 髪の毛を引っつかんで無抵抗な裸の妻を引き回したり、遂にピストルで結合できた最悪の初夜シーン(『続けざまに二度も行為を行い』という饒舌体の記述、いる? と丁寧にやった回数まで記載され)ニヤニヤして読むんじゃない、人格が疑われる、と、もう一人の自分が自分を怒りながら、どのようにもつれた結末を迎えたのか、それは未読の方の興味を削ぐことになるので、全部は書かないでおきましょう。

 ただの低級なエログロ作品、では済まないんだよなぁ。橘外男、なんと直木賞作家ですからね。直木賞作家の熱にうなされたかのような悪夢譚、気になりましたらどうぞ(笑)



いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ