FC2ブログ

西村知美 ウィンター・ワンダーランド

winterwonderland

西村知美 ウィンター・ワンダーランド
発売日 1987年12月16日
型番 CT32-5074

01.想い出の冬休み
02.ウィンター・ワンダーランド
03.銀河の少年
04.シンフォニーの風
05.風の砂丘
06.想い出スケッチ
07.憧れのドーヴィル
08.君へのダイアリー
09.ポケットに太陽
10.白いかすみ草
11.16粒の角砂糖
12.ママがサンタにキッスした



 いやいやいや、本日、51歳になりましたっ! 人生も半分以上過ぎたことになるのでしょうね。

 いや、そういう奴が案外長生きして、105歳くらいまで生きて、ウンコしょっちゅう漏らして、施設のベッドの周辺に悪臭を蒔き散らかして、ナースコール連打して、おしめを変えてもらうとき勃起する。そんなジジィになる可能性もゼロではないか。

 五十路街道まっしぐらであります。ホームページ時代から、マックピープル連載時代から、多くの声援ありがとうございます。

 今年は年始にワガツマの新刊を出せて



 今日が五月末。新作長編の『鬼嫁探偵』も好評を頂いております。沢山レビューを頂きました。書き手には最高の誕生日プレゼントです。



 充実した日々を送らせてもらっています。

 今年の下半期の目標は、短編集を出せたらな、と思っています。

 死期を考えて、今後は生きていかねばな、と。五十代でポックリ逝く可能性だってあるでしょう。本日は有給を取りましたので、のんびりします。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

田中美奈子 君の瞳に優しく



田中美奈子 君の瞳に優しく
発売日 1990年1月25日
型番 TKCA-30001

01. 真紅の共犯者
02. 不実パラノイア
03. 涙の太陽
04. Mother Earthの気まぐれ
05. Virgin Eyes
06. Tell me
07. All of My Love
08. Weekend Pain
09. 甘い戦争
10. Be My Baby



 ソフトバンクの長期特約でペイペイポイントが貰えるので、そのポイントで田中美奈子を落札した。

 一昔前は均一ワゴンでも見かけた田中美奈子だが、一周回って今じゃ激レア。ブックオフ近郊三軒で、全く見つけることが出来なかった。

 なので慌ててポチった次第。

 発売が90年初頭。今思えば、人生で一番良かった時期かも知れない。豊かなる90年代。貧困とは無縁の、輝ける未来しか感じられなかった90年代。CDはダブルミリオンを記録し、こういうお姉ちゃんはジュリアナで扇子振ってイケイケだった。こんな貧困時代が来るとは誰が予想しただろうか。

 まぁ愚痴はさておき、働きながらでも第二の道を確保せねばなりません。そういう意味ではアマゾンのKindle、セルパブは素晴らしいシステムです。



 元手いらずで全国に作品を発信でき、収入に繋がるからです。

 沢山のアマゾンレビュー、本当に嬉しいです。この場を借りて感謝致します。次作についてもここで、またポツポツと呟くつもりなので、今後とも宜しくお願い致します。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

『鬼嫁探偵』裏話



 絶賛好評発売中、新作の『鬼嫁探偵』であります。



 現時点でアマゾンレビューは10件、年始に出した『我が妻との闘争2020』のレビュー数を上回っております。過去に発表した作品を纏めた本と、一番新しい作品を並べて、新しい作品に評価を頂けているという事実は、書き手にとって一番の励みになります。まだ頑張れそうです。

 今回は表紙の裏話について。波野發作さんに表紙を依頼しました。我が妻シリーズと完全に分けたい、という思いと、ちょっとステップアップしたい、新生呉エイジとして色々やってみたい、と考えた結果でした。

 これを思い出すとちょっと反省ばかり出てくるのですが、これまで波野さんが手がけた表紙のセンスが自分の好みに合っていたので、DMを介して初めてお仕事をしたのですが『もうお任せでお願いします』とだけ書いて依頼したのです。

 向こうも困惑したことでしょう。調べたら鬼嫁モノ書いてるし、タイトルは『鬼嫁探偵』ですし、そんな手がかり、字面からのイメージで一発目の表紙はこんな感じでした。

onitan2.jpeg

 過剰に『鬼』を強調してのデザインだったのでしょう。相棒の金平に見せたら『エエやん! すっごく目立つと思うで!』と好感触だったのですが、ここで私はこだわりを捨てませんでした。確かに目立つだろうけど、SFっぽく映ったのです。それに怖い、という印象も。この作品は現実に即した物語で、そういう感じでアピールがしたかったのです。リアルな物語、SFとは思われたくなかったのです。

 ここで申し訳なく私の言い分をDMしたら『第2案? 追加料金なんていりませんよ。良い物に仕上げていきましょう!』と言われ、次に出してもらったのが現在の表紙です。この世知辛い世の中でなんと太っ腹な。皆さんも波野さんに表紙を依頼しましょう(笑)

 なので、次回は表紙を依頼するときは『以前手がけられたあの作品のようなテイストで』と最初に言おうと思った次第。微調整を通り越して、結果2案作らせてしまいましたからね。ホント、赤面の猛省ですよ。

 我が妻より売れてくれているのが、せめてもの恩返しでしょうか。

内田有紀 愛のバカ

ainobaka

内田有紀 愛のバカ
発売日 1996年3月23日
型番 KICS 540

01. 追いかけてくる月
02. ビー・マイ・ボーイ
03. ベイビーズ・ユニヴァース
04. もぉ いや
05. シークレットダイヤルを廻せ
06. 非常階段で踊る
07. ロバのサーカス
08. 地球が泣いている
09. 背中は見せない
10. 銀のペンダント



 いやぁ、内田有紀の美魔女ぶりは凄いもんですね。この90年代当時も美形ですが、現在でもテレビCMで見る彼女は更に美しさに磨きがかかっているように感じます。

 それでですね、何枚かアルバムを出している彼女、色物のつもりで集め出したんですけど、なかなか良いんですわこれが。歌が結構上手い、表現力も多彩。作曲陣がなにげに豪華。ハスキーボイス系のかすれたボーカルが味があって良いんですわ。

 ブックオフでも絶滅危惧種指定盤です。なかなか見当たりません。昔からあるチェーン店ではない単独中古屋で、当時から置かれたまんまのCDを格安ゲット、これがオススメですね。

 さて、新作の『鬼嫁探偵』お陰様で好調でございます。



 ちょっとホッとしております。これで自信が付きました。これまでは卑屈に『ええ、昔雑誌で連載していたこともございました、今は電子書籍でチョコチョコやっております』みたいな感じでしたが、この作品の好評を受け、セルパブ作家です、と胸を張って言えるようになりました。

 次も超面白い長編だすからね、よろしくお願いいたします。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

新作『鬼嫁探偵』感謝報告



 発売からそろそろ一週間ですけど、いろんなところで読まれていて、概ね好評なのではないか? という手応えを感じております、新作の『鬼嫁探偵』

 現時点でエゴサーチして収集した身震いするような嬉しいコメントを、えっ? エゴサーチしたってええやんか。そんなケツの穴の小さい、みたいな目で見ないで。だって気になるやん。長編書いて、結構時間かけて、エゴサーチしない書き手さんいる? 今は頑張ってセルフプロデュースしていかないと、この情報時代、埋もれるのよ。

 だから長年頭の中にあったこの新作は、少しでも目立つように表紙を破滅派、波野發作さんに依頼してビジュアルから訴求力を高めて、解説にはミステリ作家、自然先紀さんに書いて貰って、通の探偵小説ファンにも興味を持ってもらおうと。

 タイトルは色物っぽいけど、構造と取り組みは大まじめですからね。

 現時点でアマゾンレビューはコメント二件、星評価一件の計三件。嬉しすぎて身もだえしてしまいますね。

 やっぱりこのリアクションが欲しくて書いてますからね。もうお金はいいですわ。名誉ですわ。

『なら無料でアップせんかい』

 という危険予知を忘れるところであった。こういう人も中にはいるだろう。嘘、やっぱりウソウソ。印税有難い。レアな復刻探偵小説、印税で全部買えているから。これ、月の小遣いだけだったら、全部見送り。で、私の欲しがる本は私家版が多くて、すぐ売り切れて再版は無し。これ、今まで買えてなかったら、ハンカチ噛んで泣きながら発狂してる。

 ホント、有難い読者さんに囲まれております。だから私は、日々小説指南本を読んだり、面白いセルパブ作家さんの本を読んで面白ポイントを吸収し、研究し、自分に活かしておりますよ。ベムスターみたいに吸収しますよ。で、アップデートを重ねております。

 さて、ではまずアマゾンレビューから。名前は分かりません。カスタマーさんから

〜実話と思わせられた読者は当然話に引っ張り込まれていきます。そうしてそのまま話中の主人公の如く沼から抜け出せません。一気に読了。〜

 いやぁ、嬉しい。一気に読了。これは最高の褒め言葉ですね。作者冥利に尽きます。

 続いてこちらもカスタマーさんより。

〜小気味良い展開で一気に読むことができました。まるで体験談のような展開!笑 この作品は作者の最高傑作品だと思います。次回作にも期待大。〜

 最新作が最高傑作だ、と書き手ならみんな思っているはずです。これも最高の褒め言葉ですね。嬉しすぎて何か出ちゃいそう。

 次はツイッターより

〜変わらずの呉さんの文体、言葉の使い方には本当に楽しませていただきました。シリアス·堪能的なシーンであっても、必ず和ませてくれる…。そんな呉さんの作品が大好きです〜

 文体に触れてもらってくださるのは嬉しいですね。しかし私には文体コンプレックスがありまして、私の作品は会話が中心のスタイルで物語を牽引していきます。で、時折目にするのは、めっちゃ少ない会話で、なのに物語がグイグイ進行している、そういう作品が個人的には高級な文学作品だと思っているのです。ここは今研究中です。続いて。

〜呉エイジ氏の「鬼嫁探偵」、読んできての感想。

ああ、やっぱりこの人の作品には、読み手を飽きさせず、和ませる力があるなぁ…。

この暗い世情の中、籠もりっきり(仕事自粛中)の自分にとって、一種のヒーリングアイテムになった。こんな作品をまた世に出してほしいと、切に願う今日この頃。〜


 読み手を飽きさせず、ここの箇所にビンビンきましたね。出して本当に良かった。

〜他の方のセルパブ紹介270『鬼嫁探偵』呉エイジ
この題材でのミステリは大変である。浮気には全てを見通す神レベルの女の勘が働くからだ。本作の鬼嫁探偵は苦しい弁解にロジカルに付き合ってくれるぶん鬼ではなく仏なのかもしれない。〜


 めっちゃ嬉しいですね。ツイッターでタイムラインに流れてくるセルパブ感想で目にしたことがある乙野二郎さん@otsunovelですね。

 この方に触れて貰えたかぁ、俺もセルパブ界でステップアップできてるなぁ。そんなことを思いましたね。暖炉の前でワイン回しながら(大嘘)。

 次にこちらはブログで感想を記事にしてくださいました。『ふじみき.NET』さんで嬉しい感想と考察を上げてくださっています。皆さんも是非読みに行って!

 ちょっとためらってる従来の読者様、新境地ですが、まぁまぁな作品に仕上がっておるようです。この週末に如何ですか?


呉エイジ『鬼嫁探偵』完成



 本日発売ですよ。最新作『鬼嫁探偵』大真面目な話は、公式サイト『秘密の探偵小説読書日記』に書いているので、ここではそれ以外のことなど。



 この表紙は破滅派、波野發作さんに依頼した。



 新生呉エイジの長編として、都会的で洗練されたセンスの表紙を仕上げてくださった。依頼して正解だった。これならば勝てる。結果を残せることだろう。妖しげな女性のアップは、女性読者も囲える事と思う。

 ここは裏呉エイジで通せるので、色々書き残しておこう。この作品は、カフェイン錠剤を砕いて、鼻から吸引し、よく深夜に書いたものだった。あれをやると眠気が飛ぶので、本当に眠れなくなり、後から疲れが倍増で襲ってくる。

 この新作に貢献したアイテムの一つだ。あと、他のセルパブ作家さんの動向が、本作では本当に刺激と励みになった。

 特に折羽ル子ちゃん。『今日は○○文字書いた』というツイートが大いに刺激となった。



 本作では『性』の問題を扱っている。性を中心に男と女の愛憎を倒叙形式で組み立ててみた。あまり小説を読まない嫁さんも本作を読んで『おもろい』と言ってくれたので、女性読者にもアピールできると思う。

『我が妻シリーズ』は流石に見せることは出来ないが、時折書くオリジナルの短編は嫁さんに読んで貰うことがある。

 そうして解説を依頼した、じねんさんも重量級の解説文を寄せてくれた。〜一人の芭蕉の問題〜の考察である。本編がコケても、これだけでもお釣りがくる内容だ。こちらも依頼して本当に良かった。

 あと、従来のマーケットより、今回は広がって欲しいなぁ、と思っている。その方法として、表紙を引き受けてくれた波野發作さん主催のイベント『セルパブ夏の100』に参加表明した。

 毎年夏に発行される電子書籍で、セルパブ本の紹介雑誌、それも無料配布のものである。これに応募した。売れまくって欲しいために。

 さぁ、愛する子供が大海に漕ぎだした。どうなることやら。楽しい夏になってほしいものだ。


いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

内田有紀 純情可憐乙女模様

otome

内田有紀 純情可憐乙女模様
発売日 1995年2月8日
型番 KICS-470

01. ネヴァー・エンディング・パーティ(ヨロシク・ヴァージョン)
02. だから恋ってやめられない!
03. グロウィング・デイズ
04. パパはあなたがキライみたい
05. 純情可憐乙女模様
06. 北風と太陽
07. 恋愛セラピスト
08. 哀しいほど片想い
09. ハートブレイク・カレー
10. TENCAを取ろう!-内田の野望-
11. お世話になりました
12. ネヴァー・エンディング・パーティ(アリガトウ・ヴァージョン)



 内田有紀、いいよ。特にデビューシングル。 10.曲目のTENCAを取ろう!-内田の野望-。詩でね

〜たぶん 絶対 どうにかなるさ〜

 って一節があるのね。これが特に沁みてね。コロナでメンタル参ってるのかな、って思ったのよね。

 ブックオフでも見かけなくなった90年代女性ポップスだけど、これは見つけたらゲットね。

 さて、最新作の『鬼嫁探偵』作業も大詰めでござんすよ。理想の本にするべく、色々な所に声をかけております。現時点で言えることもあるのですが、もうちょっと進行してから告知します。

 どうぞよろしく。
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ