だめやつツアー2010春 エピローグ

完全に誤算であった。

だめやつ隊のルート取りが、ここまで狂う旅は初めてである。事前に相棒である金平がポータブルナビにセットした、珍し系のショップは、ことごとく潰れてしまっていた。

過ぎ去った時間は帰らない。

出発前のルンルン気分は、一体どこへ消えた!

お外は真っ暗、車内は沈痛なムードに抱擁されている。小6から仲良く遊んでいるはずなのに、奴との仲も微妙に気まずくなっていた。

♪やーく年ふぅーたぁりぃー、バーロローオムーッ♪(バロム1オープニングの替え歌で)

全てが厄年のせいであった。この二年間は新しいことや高望みをせず、大人しく過ごさなければならなかったのだ。天罰である。私もアイツも、単行本がもっと売れてほしい、とか、お宝ザクザクゲットしたい、とか、ブログ読者がギュンギュン増えてほしい、とか、嫁さんに優しく接してもらいたい、とか、自分に都合のいいことを望んではダメなのだ。

耐える二年間を享受せねばならんのだ!

朝から出て、買った点数は極僅か。レアアイドルも、サターンのプラドルシリーズも、岡山まで出張して何もゲットできてはいない。

呉「帰ろ、か…」

金平「せやな…」

蚊の無くような声!

反省点は山ほどあった。これを書いている時点ではわかるのだが、ツイッターの利便性を活用し、リアルタイムで珍しい店やラーメン店を教えてもらえばよかった、とか、出発前にブログで行き先を告知し、地元の穴場であるリサイクルショップを教えてもらうとか、いろいろできたハズである。

あまりにも無計画すぎた。

負け戦とはまさにこのことだ。帰る途中寄ってみたブックオフもダブりばかりで収穫無し

IMG_5455.jpg

幸運の女神からラリアットされるだけの二人である。

そうして最後のあがき、前方に万歩書店の東岡山店が見えてきた。

呉「どうする? スルーする? 今日はとことんダメよなぁ」

金平「時間も時間やしなぁ、でもせっかく来たし、ここだけ寄って姫路帰ろか」

IMG_5459.jpg

店内を夢遊病のように彷徨う二人、痛めつけられすぎて、だめやつ隊本来のはつらつさは微塵も感じられない。

うろつくこと五分、私はサターンのコーナーで立ち止まり、まばたきもせず失禁、いや射精寸前の歓喜に包まれる。

呉「かっ、かっ、金平ぁ!」

金平「どないしたんや?」

呉「あ、あった。持ってないプラドル二つもあった!

IMG_5460.jpg

手を取り合って喜びを噛み締めあう二人。よかった、やっぱり岡山に来て良かった。脳内に大音響で流れるロッキーのテーマ。岡山最高!

呉「も、もひとつあった、夢野久作ワンダーランド! ずっと探してたんや! これで三つ揃った!!」

IMG_5467.jpg

金平「ワシは探偵小説に興味ないからわからんけど、取り敢えずおめでとう」

最後の最後でポテンヒットである。駐車場で余韻に浸る。そこで気が抜けたのか、一日の疲れがドッと押し寄せてきた。二人とも今年40歳、昔はこれくらいの日帰りツアーなど、なんともなかったが、体力の衰えは確実に実感できる。

結局事故を起こすといけないので、急遽ラブホテルに宿泊し、疲れを癒して二人は姫路に帰っていったのであった。

だめやつツアー2010春篇、完


次の名古屋ツアーは頑張る、に一票を!

コメント

非公開コメント

渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ