佐野量子 まさか



佐野量子 まさか
発売日 1989年12月21日
型番 R32H-1087

01.だるまさんがころんだ
02.愛は風にのって
03.しあわせをいつまでも
04.ケチャップ&マヨネーズ
05.まさか
06.早く探しに行かなきゃ
07.イキな秋
08.ここ
09.あくび
10.大人がいなければ

会社の後輩にH君という、大人しい、独身で噂ではムッツリスケベの、どちらかと言えば他人とのコミュニケーションが不得手な男がいるのです。

無口で普段何を考えてるかわからないもんですから、社内では格好の「いじられキャラ」で通っておりまして、それでもH君、性格自体は温厚なもんですから、キツイいじられ方をしてもニコニコと聞き流しておったわけであります。

そういう目立たないH君を、誰も注意していなかったのですが、ある時私はフト気が付いたのです。

会社のトイレはL字の廊下を右に曲がり、数メートルのドン突き正面がガラス付きの洗面台になっておりまして、右のドアが男子便所、左のドアが女子便所という作りも簡素な物でありました。

その洗面台で、結構な確率で彼が執拗に手をゴシゴシと洗っている姿を何度も目撃したのであります。

私は「何をやってんだろう? コイツ」と思いましたよ。そんなに手の汚れる仕事でもないですし、食事前の時間でもありません。潔癖症かな? とも思いました。無口なH君なら、有り得ない話でもありません。

水もチョロチョロと出しっ放しで、手は石鹸の泡だらけでありました。

トイレに行きたかった私は薄気味悪くてUターンしたこともありましたよ。何故って彼の背中越しに見える鏡の下の方に、俯き加減のH君の鼻から上が映っていたのですが、手を洗いながら笑っているんですね。

例えれば笑福亭鶴瓶師匠の笑った時のような目で。

こっちは訳がわかりませんでしたよ。人生で手を洗っていて笑えることなどありませんでしたからね。石鹸の泡立つ様子が面白いのだろうか? 同僚はチョット変わったH君の行動など鼻にもかけず完全にスルーしておりましたが、私は趣味が「探偵小説を読むこと」でしたので、自分なりに推理してみようと思いながら見ておったのです。

誰でも自分が正しい、自分が常識の基準だ。と思い勝ちでしょうが、やはりいくら考えてみても、手を洗うことであれ程笑えることなど思いつかなかったのであります。

そうして手を洗い終えて事務所に戻ってきたH君は満足気な顔でイスに座りました。そんなに手が綺麗になって嬉しいもんでしょうか? いや、断定は早計です。世の中には何をもって充実とする人がいるかわかりませんからね。

その後も私は密かに内偵を続けました。H君は一日に3、4回も手だけを洗いに行っていることが判明しました。

日々変わらぬローテーション、変化の無い毎日。もう放っておこうか、潔癖症の心理なんて自分に理解できるわけないよな、と諦め半分で思いかけておりました。

そんな矢先、実に意外な形で私は真相に到達することができたのであります。

チャイムが休憩を告げます。D君は机に愛妻弁当を広げます。私は取り敢えず冷たい缶コーヒーを飲みます。紅一点の沙織ちゃんはトイレに向かいます。先輩のTさんは小遣いを節約しているのか、流し台で「焼きそばUFO」を作り始めます。H君は手を洗いに洗面台へと向かいます。

私はしばらく一点を見つめて、ボンヤリと缶コーヒーを飲んでおりました。

そこへ巻き起こる流し台付近での爆笑。

「な、何? なに笑ってんの?」

「聞いてよ呉やん。もう爆笑。Tさん生まれて初めて焼きそばUFO自分で作ったんだって。で、フタを開けて、そこにソースと青のりを入れて、その上にお湯を注いでな、三分後全部湯切りしてもうてな。で、食べた感想が「最近はアレやな、ヘルシー思考か、なんでも薄味やな」だって!!」

私もTさんの失態に釣られて笑う。

「マ、マジで? Tさん!そんなもん味付いてるわけないやん!」

「ははは。先にソース入れて、全部ジョバーっと湯切りしてしもうたわ。失敗失敗(笑)」

その瞬間、私の体は凍りつきました。日常会話を交わしていても、私の貧弱な脳内のクアッドコアは、常にH君の事を並列で処理しておったのでございます。

ま、まさか!!(※ここでようやくのタイトルコール)

私は自分の推理を確かめるべく行動を起こしました。H君が手を洗いに席を立った後で、こっそり後をつけたのです。

H君は急ぎ足で洗面所に立つと、案の定石鹸で手を泡だらけにしておりました。私はL字のコーナーの角に隠れ、チラチラとH君を見ておりました。そして耳にも全神経を集中させておりました。

私の嫌な予感は的中しておりました。

トイレは従業員用のベニヤ一枚の安普請でございます。H君より先に席を立った沙織ちゃん…、いや、沙織ちゃんが席を立ったのを確認してからH君自身が動いたといってもいいでしょう。

数メートル先の扉の向こうで、集中した耳に音が届いて参りました。

和式便器での沙織ちゃんのジョバーっという音が!

そして景気良く鳴るカラカラからというトイレットペーパーを巻き取る音、そうして紙のこすれる音にスカートを履き直す音。

あの男は可愛い沙織ちゃんの排泄の音を聞いていやがったのでございますよ旦那!

教師、教え子の着替えをのぞき。医師、患者の着替えを盗撮。見るという行為は犯罪に直結します。そこできゃつは音をオカズにしようと踏んだのでございましょう。ただ手を洗っていると言い張りながら。

トイレットペーパーを沙織ちゃんが巻き取り、肌にこすります。トイレットペーパーで額の汗を拭きますか? 脇の汗を拭きますか?

答えは否でございます。トイレットペーパーは間違いなくH君が絶対に一生拝むことのできない、沙織ちゃんの生まれたままの無防備なデリケートゾーンを拭く音なのでございます。

私は真実に震撼し汗だくになりながらも、こっそりとH君を見ます。

鏡の下の方では鼻からの上半分。とても満足気で笑福亭鶴瓶師匠のような目をしておりましたよ。

「沙織ちゃんの音聞いて楽しいか?」

告発してやろうかとも考えました。沙織ちゃんが可哀想であります。しかし、普段温厚なH君が、通常の思考ではたどり着けないであろう真相を突きつけられることによって、逆上し刺されでもしたらたまったもんじゃござんせん。

私はチキン野郎と言われるのを覚悟で、今日もH君の密かな性癖を黙認しておるのでございますよ旦那。



グッドミュージック!にポチっとな!

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

他人の空似といいましても、
なかなかここまでの逸材は見当たりません。
同一人物かもしれませんな!

いやぁ~ ビックリでございます(; ̄O ̄) Hさん、妄想の達人なんですね。
わたしの会社にも似たような人います。注意せねばなりせんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ファミマで買って下さったんですね!
ありがとうございます。
もうとっくに店から引き上げられたものとばかり
思っておりました。
今年は読書の年にしておりまして、ブログは休憩中ですが、
また再開しますのでたまに覗いてやってください。

No title

ひとつ前の記事にコメしようかと思ったら見落とされるんじゃないかと思いこちらにしました

鬼嫁と僕を(ノリで)買ってしまってKure'shomepageを知りました

毎日大変そうですが頑張ってくださいww


ちなみにファミマに売ってますた。

Re: No title

間違いなくド変態ですね(笑)
それ以来、沙織ちゃんの放出の音が気になって仕方ありません!
ダメだ、僕はちゃんとした大人なんだ!
と、自分に強く言い聞かせております。
それから単行本、ホントに有難うございますっ!

No title

ド変態ですねw
しかしそんな結果にたどりつく名探偵さんも
素質アリでは?

タイトルひとつでこれだけのストーリー、すごいです。
また更新期待しています。

そうそう、「鬼嫁と僕」無事入手できましたよ。
とても家には持って帰れませんがgkbr

渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ