中山美穂 EXOTIQUE





中山美穂 EXOTIQUE
発売日 1986年12月18日
型番 330A50085


01.炎の舞
02.ペニンシュラ・モーニング
03.黄金海岸
04.霧のケープコッド
05.WAKU WAKUさせて
06.スウェーデンの城
07.インカの秘宝
08.熱い夜
09.SWITCH ON(ハートのスイッチを押して)
10.時の流れのように


【アルバム一口メモ】現代ではこの手の音楽はヒットチャートの上位には決して上がってはこないだろう。『WAKU WAKUさせて』で時代を感じて欲しい。


 Twitterで喫煙のことを呟いたので、煙草に関する思い出を書き綴ってみようと思う。喫煙期間は二十年を越える。二十歳の誕生日の翌日から吸い始め(棒読み)(笑)二十年以上。

 今でも『煙が恋しいなぁ』と思うことがある。食後の一服、煙と戯れるひととき、大人になった気になったものだった。

 つぎ込んだお金はどれくらいになるだろう。外車一台買えるくらいの額ではなかろうか。それでも吸っているときは『お金じゃねぇんだ。この憩いのひとときをお金で買っているんだ』と批判する者に対して反発するようにして息巻いていた。

 マイルドセブン、セブンスター、マイルドセブンライト、キャビン(活性炭が独特だった)、キャスター、チェリー、ピース(臭いがキツい)ハイライト(ニコチン、タール高めで咳き込んだ)、ラッキーストライクメンソール、そして最後はケントのメンソールで落ち着いた。

 旅先で一服、ランチの後で一服、格別だった。人生でなくてはならぬ物だ、と思っていた。夜中になくなると狼狽えた。パジャマ姿でコンビニへ走った。

 そんなヘビースモーカーの私も、実は心の中では辞めたかったのだ。しかし半日とて煙の無い生活が耐えられない。中毒なのだ、と思い込んでいた。

 身体に貼るパッチや、糞マズイニコチンガムなどを噛んでも無駄だった。また煙の誘惑に負ける日々だった。辞められないから吸い続ける。辞める方法が分からない。簡単に辞められれば苦労は無い。麻薬患者と一緒なのだ。

 一年くらい悪戦苦闘して最後にたどり着いた本、アレン・カーの『禁煙セラピー』冒頭に『吸いながら読んでもらって結構です』とあったので、私は吸いながら読書した。

 そして読み終わって禁煙に成功した。これには驚いた。私の人生を変えた一冊、と聞かれたら、この本になるだろう。

 煙草が大好きで、でも辞められるはずがない、と思っている人に私は迷わず勧めています。おかげで探偵小説が沢山買えるようになりました。嬉しい副産物でしたね。





いつも来てくれてありがとう。貴方が押すから順位が上がる。やる気も上がる。

コメント

非公開コメント

No title

まさか、あの会話からブログの更新につながるなんて…。
未だに辞めれる気がしません(まだ本を読んでない)
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ