シルバーウィーク

宝1

シルバーウィークにですね、家族サービスをしたんですよ。

車で一路、境港は水木しげるロードへと! いやー、まー遠いこと遠いこと。

其の上渋滞もありましたからね。ぐったりですよ。運転手の私は。今でも疲れがまだ取れておりやせん。

それでもたいしたもんでした。ゲゲゲの鬼太郎効果は。さびれかけたシャッター商店街が、大盛況でしたもの。妖怪のブロンズ像にシャッターを切る人、人、人。

子供たちも大喜びでしたね。行った甲斐もあったってもんです。

で、その帰り道、ふと目をやれば「開放倉庫」がっ!

しかし今日は漫画家の親友Kとの旅ではない。家族旅行だ。一回やりすごす。

「もしかしてプラドルがあるんじゃないか、これを逃せば二度と来る事はないぞ!」

自分との葛藤、そして車はスピンターン!

「お父さん、どうしたの???」

「いやぁ、帰りのBGMに中古CDなんてどうかなぁ、と思ってな、10分だけみんな待ってて」

ここまできて発動する「だめやつ」ソウル! しかし私のだめやつアイに狂いはなかった!

プラドル1、3、10をゲット! コンプにまた一歩近づいた。帰宅して並べて写真を撮る。なかなか壮観である。溢れ出る脳内カウパー。

嫁は「またガラクタ買ってきたんか?」と、すこぶる機嫌が悪い。

どこがガラクタか。私にとっては全部が宝なのだ。死ぬ前に退職金と年金を突っ込んで小さな庭の一角に正倉院の宝物庫を模した建物を立ててやる。

「無闇に開けるべからず」

と、扉には掘り込んである。そして50年後、孫の代になって辛抱しきれなくなった子孫達が宝物庫の前に集まる。

「これ、ご先祖様のお宝が入ってるんだよなぁ、家計も苦しいし、開けてみようか」

「無闇に開けるなって書いてあるぞ」

「もうエエやろう。時効やで、中のモン売り飛ばしたら大金持ちになれるかもしれんで」

期待に胸を膨らませて子孫は扉を開ける。中から出てくるのは、だいたいこんなもんである。

宝2

そうして私の墓石は叩き割られるのだ。

コメント

非公開コメント

渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ