富田靖子 あさき夢みし

あさき夢みし

富田靖子 あさき夢みし
発売日 1986年9月21日
型番 33CA-1094

1.17の水平線
2.風の回転木馬
3.なんて素敵にジャパネスク
4.哀愁草子
5.花景色・花化粧
6.月影のスミレ
7.永遠の少年たち
8.瑠璃色の雨
9.硝子の翼

わざわざこんな所に出来んでも…。と、溜息混じりに呟いてみるのです。

この怒りは人差し指の第一関節を蚊にかまれた時の、三倍くらい腹立たしいもんです。

と言いますのがね、鼻の穴の内側に、ニキビ、いやまぁこの歳でしたら吹き出もんになりますか、できてしまいまして、今現在も激痛なのであります。

鼻の穴をクワッと広げただけで軽い痛みが走ります。

恐る恐る指を鼻の穴に入れますと、この時点でかなり痛いのですが、内側はかなり膨らんでおります。煮えたぎったマグマが噴火寸前のようです。

ニキビを両指で潰して芯を出す要領で「ウミ」さえ出せれば、あとはしぼんでいくと思うのですが、なんせ攻めにくい場所に出来ております。

イライラしながら綿棒を二本用意し、両手で持ちながら挟みこんで芯を出そうとしますが痛いだけで一向に埒があきません。

コア」さえ出れば…

痛みに目を閉じて耐えていますと、何故か身体がスーッと軽くなって、目を開けてみればなんと巨大な自分自身が立っているではありませんか。

幽体離脱??? 目の前の巨人な私は中途半端な格好で静止したままピクリとも動きません。

無重力状態で漂う私は思いつきます。このまま鼻の穴に入れば吹き出物の芯が潰せるのではないか?

そう思うやいなや、小さくなった私は鼻の穴に向かってユラユラと飛んでいきます。

中腰になってかがんで鼻の穴に入るとありました。ポッコリ膨らんでおります。こやつが痛みの正体です。

鼻毛をのれんをくぐるようにかきわけて、先端を探します。案の定、先端は白くなっており、薄皮一枚の向こうは豚の背油のような油の芯がたんまりと入っているカンジでした。

両手で力を入れて押し出してみます。しかし鼻の穴のニキビはなかなか潰れてくれません。

その先端のすぐ横から、ニョキッと鼻毛が一本生えておりました。

おぉ、そうだ、この鼻毛を抜けば、毛根にニキビの芯がからまって、一緒に根こそぎ引き出せるのではないか?

と、思いつきました。ブラーン、小人の私は鼻毛にぶらさがります。

しかし毛根は抜けません。どうせ足元は肉でクッションのようなものだ。私は思い切って逆上がりをする要領で鼻毛にぶら下がって天井に足を持っていき踏ん張ります。

そして思い切り引っ張りました。

その瞬間、目の前が真っ赤に。そうしてフェードアウト…

小人の私は血まみれになって、蚊のように壁に張り付いたままペシャンコになっています。

くしゃみの風速、時速320キロ。

抜いた瞬間、巨人の私は条件反射でくしゃみをしてしまったのです。

巨人の本体は心臓発作で急死。

痛みに耐えながら見た、あさい夢。で、富田靖子の「あさき夢みし」のご紹介とあいなるわけです。

思いつきの割にはSFっぽい話に仕上がったなぁ、応募するか? 星新二とか名乗って!

富田靖子です。アイコ16才です。水色の制服萌えでしょう。色白でショートカットは無条件降伏なのれす。私ときたら。。。

俺の値付け 1200円



このブログランキングのTシャツプリントの真下が、磯山さ●かの乳首となっております。

コメント

非公開コメント

No title

わおっ!富田靖子さんですね。
私は入社の際、自己PRの「好きなタレント」欄に富田靖子さんを書きました。
本当は1推しは「○○ピー」←誰かわかるっつーの。(笑)
だったんだけど、なんか微妙な時期で。
ちなみに、富田靖子さんのMY FAVORITEは
「私だけのアンカー」です。
「悲しきチェイサー」も捨てがたいけど…
それは彼女のグッバイも、さびしんぼうも…
ああ、やっぱ意外とファンだったかも…
渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ