奥菜恵 BLOSSOM



奥菜恵 BLOSSOM
発売日 1995年9月21日
型番 COCA-12761

1. わりとこの頃は
2. ペシミスト
3. この悲しみを乗り越えて
4. 逢いたくて
5. スワンのように
6. きみのいる場所
7. ラッキー・デイに恋を始めよう。
8. コットンフィールドの風
9. あなたが好きだから
10. 手紙

ウチの嫁は奥菜恵系と言えますわな。分類するとすれば。いえ、大雑把なくくりですよ。

中山美穂系と奥菜恵系ならオキメグということであって、それでも「綺麗なのか?」と瞬時に判断するのは早計です。

ジャイアントスイングしてコンクリート壁に激突させた直後の中山美穂系ということもあれば、奥菜恵にストッキングをかぶせて、クイッと上に引っ張りあげた顔が、ホレ、ウチの嫁にクリソツみたいな言い回しも出来るわけです。

まぁそこまでアイテムを加えて変形すれば、もはや原型をとどめてはおりませんが。

自分に有利なようにする言い回しなんて世の中ザラでしょう。

あー、スイマセン、じゃあポッチャリした娘をお願いします…。ってこれじゃデブやんっ!

や、やっぱ痩せた娘でお願いします…。ってガリッガリやん、骨皮筋子かっ!

ホントごめんなさい。やっぱり中肉中背の娘でお願いします…。ってスッゲーブスやんっ! もう帰るわっ!

言葉のマジックとは恐ろしいもんですな。

昔にもありましたよね、ウインドウズ陣営がペンティアムとアスロンのクロック周波数競争で激烈なレースを繰り広げ、軽々とオーバー1ギガをクリアしているのに対し、アップルはいつまでたっても400メガヘルツ辺りをウロチョロと。

アップルびいきの私としては悶々としとったのですが、スティーブジョブズの出した答えは「500メガヘルツ×2=1ギカ!」会場は沸いたそうですが、ちょっと待てよ、と。

それはフィルタ処理みたいな用途限定の数字であって、CPU二個搭載してもやっぱ単一クロックを上げなくちゃダメじゃん。

と、思ったもんでした。

他にも次世代ゲーム機競争で、セガサターンが32bit×2で64bit級!

みたいな宣伝がありましたが、これもちょっと待てよ、と。胡散臭いぞ、と。

店頭デモでプレステのリッジレーサーとサターンのデイトナを見比べた時、一瞬で「サターン負けたな」と思いましたが、予感は当たっておりました。

まぁ私はセがびいきでしたので、プレステなど見向きもせずサターンで散財したのですがね。

今回のオキメグの「BLOSSOM」。日本語で花という意味だそうですが、思い返せば私は、メインストリームで花咲くことなく終わったものばかりに肩入れしてたなぁ、と。

そういうものばっか吸収しておりますので、ブログ界でもメインストリームに躍り出ることはないでしょう。今後もコアな人達に向けまして精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻の程を今後ともよろしゅうに。。。





コメント

非公開コメント

渾身の最新単行本
FC2カウンター
プロフィール

呉エイジ

Author:呉エイジ
マックピープルの巻末に毎月こっそり「我が妻との闘争」を連載しておりました。電子書籍1巻から5巻、絶賛発売中!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
家の本棚
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ